トップページ知って得する講座欧米では峠を越えたがん死 日本で増え続けるのはなぜ?

欧米では峠を越えたがん死 
日本で増え続けるのはなぜ?

日本人男性の3人に2人、女性でも2人に1人ががんを経験すると言われています。いまや「国民病」のがんは、誰にとっても無縁な病ではありません。この難敵と向き合うには、まず「敵を知る」ことから。がん治療一筋の専門医、東京大学准教授の中川恵一さんが、知っておきたいがんの最新知識を伝えます。

『中川恵一「がんの話をしよう」』が読売新聞ヨミドクターで、2月11日スタートしました。

全国の小・中・高校で「がん教育」が始まっています。がんという病気は、わずかな知識があるかどうかで運命が分かれる病気ですから、「オトナのがん教育」はぜひ、この連載で受けてください!と仰っています。

その第一回を転載いたしました。どうぞ、ご一読を!
続きは、「知って得する講座」に掲載予定です。

第二回 2020年2月25日 日本が「がん大国」になった本当の理由
第三回 2020年3月10日 がんの男女差…「55歳」で患者数が逆転するのはなぜか?
第四回 2020年3月24日 「がん家系」ってホントにあるの?
第五回 2020年4月14日 若い人に多い「家族性のがん」 乳房、前立腺…欧米では発症前の切除も
第六回 2020年4月24日 [岡江さん死去]乳がん治療はコロナ重症化に影響するのか?
第七回 2020年5月12日 がんの大きな原因は「たばこ」と「運」…だからこそ早期発見を
第八回 2020年5月26日 夫が一日1箱以上吸うと、妻の肺腺がんリスクは2倍に…日本の受動喫煙対策は「前世紀並み」
第九回 2020年6月9日 顔が赤くなるのは発がん性物質のせい…軽視されるアルコールのリスク 「巣ごもり飲酒」に注意
第十回 2020年6月23日 コロナ禍で激減した「がん検診」 “再流行”懸念の秋が来る前に受けよう
第十一回 2020年7月14日 がん患者の25%「新型コロナが治療に影響」免疫力が下がる治療、下がらない治療
第十二回 2020年7月28日 がん死のほとんどが「遠隔転移」 防ぐには?
第十三回 2020年8月11日 がんが転移するかしないかには「時間」が関係 細胞に違いはありません
第十四回 2020年8月25日 9人に1人…高まる乳がんリスクに少子化の影 「妊娠」「授乳」の減少も影響?
第十五回 2020年9月8日 新型コロナと原発事故の共通点…「経験ない」「見えない」リスクにどう向き合うか?
第十六回 2020年9月22日 命にかかわらない「がん」もある 発見してマイナスも
第十七回 2020年10月13日 前立腺がん検診で命を救われるのは1000人のうち1人 治療で50人が勃起障害に
第十八回 2020年10月27日 座りすぎはがんを招く
第十九回 2020年11月24日 発がんの最大の要因は「運」!?
第二十回 2020年12月8日 がんにはびこる迷信
第二十一回 2020年12月22日 免疫の低下ががんを招く 現代人のストレスとがんの気になる関係
第二十二回 2021年1月26日 「なぜ、私が……」「運が悪かったとしか」 がん治療医ががんになって思ったこと
第二十三回 2021年2月23日 「福島の話をしよう」 原発事故による一般住民の被ばく量は少なく 情報不足が招いた専門家への不信と住民の健康リスク
第二十四回 2021年3月23日 続 「福島の話をしよう」 続「福島の話をしよう」 東日本大震災での原発事故の被ばくで住民のがんが増えることはありえない
第二十五回 2021年4月27日 養老孟司先生の入院 「野良猫」は決して「家猫」にはならず したたかな大人の患者として
第二十六回 2021年5月25日 「病院嫌い」の養老孟司先生が入院したわけ
第二十七回 2021年6月22日 私ががんで死にたいと考える理由
第二十八回 2021年7月27日 華岡青洲 もう一つの「世界初」とは
第二十九回 2021年8月24日 放射線治療 臓器の形態や機能を温存
--------------------------------------------------------------------

はじめまして、中川恵一です。東大病院で放射線治療を担当しています。
35年間、がん一筋の臨床医です。

がんはわずかな知識があるかないかで、運命が分かれる病気です。「がんになる前にがんを知る」ことが大切です。皆さんもこの連載で、「がんを知る」ことに努めていただきたいと思います。

1981年以降、死因トップの「国民病」

私も膀胱(ぼうこう)がんを経験していますが、がんはわが国の「国民病」です。年間、102万人近い人が新たにがんと診断され、約38万人がこの病気で命を落としています。

戦前・戦中までは結核が、戦後の高度成長期は脳卒中が死因のトップでした。しかし、栄養状態の改善などにより、減少に転じています。しかし、1981年にがんが死因のトップになって以降、現在に至るまで、がんによる死亡数は一貫して増え続けており、減少に転じる兆しも見られません(年齢調整死亡率は低下しています)。

ところが、欧米ではかつて日本における脳卒中や結核がそうであったように、がんによる死亡数はすでに峠を越えています。先進国のなかで、がん死亡が増え続けているのは日本くらいなのです。人口10万人あたりのがん死亡数では、日本は米国のナント2倍近くにもなっています。

男性の3人に2人、女性の2人に1人が

がんは日本人の死亡原因の約3割を占め、罹患(りかん)する確率は50%を超えています。アバウトに言えば、日本人の2人に1人以上が、がんになると言えます。正確には、日本人男性のがん罹患リスクは生涯で62%、女性でも47%に上ります。しかし、この数字は2014年のものです。がんの罹患情報を集約する「がん登録」制度は整備が遅れており、16年の1月からやっと始まったばかり。最新データが5年以上前のものとは、正直、情けない状態です。

この生涯がん罹患リスクは、長期的には上昇傾向にあり、19年には、男性が65%、女性でも50%程度まで上昇するはずです。つまり、現在、日本人男性の3人に2人、女性でも2人に1人が、がんになる計算です。

発がん原因の半分以上は「生活習慣によるもの」で、喫煙率や飲酒率などの男女差が、発がんリスクの男女差につながっています。しかし、54歳までの若い世代では、女性の方にがんが多いため要注意です。また、女性の喫煙率が上昇傾向にある点も気がかりです。

日本人男性の喫煙率は3割程度、女性では1割弱ですが、ヨーロッパ諸国では男女の喫煙率に日本ほどの男女差はありません。スウェーデンなど、女性の喫煙率が男性を上回る国さえあります。同国は女性の就業率が高く、仕事に伴うストレスが、人をたばこに向かわせるのかもしれません。

女性も働くのが当たり前になった今日の日本でも、女性の喫煙率がもっと高くなる可能性があります。そうなれば、男女とも3人に2人が、がんになる時代を迎えるはずです。

「がんを知る」ことで身を守ろう

さて、がんは、よほど進行しない限りは「症状が出にくい病気」です。早期がんで症状が出ることはまずありませんから、健康だと思っているうちに検査をする「がん検診」が大事です。しかし、日本のがん検診の受診率は3〜4割と、欧米の半分程度です。

日本のがん治療は手術偏重で、放射線治療も欧米の半分程度に過ぎませんし、体と心の痛みをとる「緩和ケア」も遅れています。

繰り返しになりますが、がんはわずかな知識の有無で運命が分かれてしまう病気です。この連載を参考に、がんから身を守っていただきたいと思います。



                         トップページに戻る               ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒678-0172 兵庫県赤穂市坂越1331-1:tel 0791(56)5377