トップページ知って得する講座■毎日、350gの野菜を摂る法

毎日、350gの野菜を摂る法

インターネット閲覧ソフトのマイクロソフトエッジのトップページ「マイフィード」で、各メディアのニュースの見出しの一番下の行に、「野菜ジュースで野菜の栄養が摂れるの?野…〔PR}」とありましたのでクリックしましたら、カゴメの「つぶより野菜」の広告コピー「野菜ソムリエが教えてくれた、野菜の効率的な摂り方って?」でした。

本当にこれで、野菜を毎日350gを摂れるのでしょうか。ご一読ください。

▼野菜ソムリエが教えてくれた、野菜の効率的な摂り方って?

「1日に摂るべき野菜の目標量は350g」ということを聞いたことはありますか?聞いたことはあっても、毎日の食事で意識している人は少ないでしょう。

野菜は健康のために摂った方が良い、ということは分かるのですが、「1日に350g」とは、実際にはどれくらいの量なのでしょうか?

野菜350gってどれくらいの量?

目標量とされている350gの野菜が、どれくらいの量かというと・・・

<http://www.chiffonya.com/shop/kouza/titokudata_17.11_1.htm>

なんと、これだけの量。1人分でこの量ですから4人家族なら1日に1.4kg、一週間では約10kgにもなります。1日に350gという目標値は、なかなか高いハードルのように思えます。

どうして野菜1日分の目標値は350gなの?

1日に食べたい野菜の目標値である、この350gという量は、厚生労働省が推進する「健康日本21」の中で定められたもの。

健康日本21では、「普段の食事で十分な栄養を摂れる食習慣」を作るために効率的な方法は、野菜を食べて栄養を摂ることだとされています。

しかし、平成27年度の厚生労働省による「国民栄養・健康調査」の結果によると、20歳以上の男女の野菜平均摂取量は1日293.6g。 50g以上も下回っている上に、この10年間で目標値である350gを上回ったことは一度もありません。

350gの野菜を毎日食べるのは難しい!

「国民栄養・健康調査」の結果からも分かる通り、実際に毎日350gの野菜を食べるのはとても難しいことです。

食事を簡単なもので済ませてしまったり、ついつい外食が多くなってしまったりと、忙しい日々の中で「野菜を1日に350g食べる」という目標をクリアしていくためには、工夫が必要かもしれません。

効率的に野菜を食べるための工夫には、どんなものがあるのでしょうか?
野菜ソムリエさんに聞いてみました!

お話を伺ったのは、野菜ソムリエプロ・調理師・フードアナリストの資格を持つ榎本房枝さん。多数の資格保有の他にもご実家が農園ということもあり、野菜のことを熟知されています。

毎日350gの野菜を食べるにはどうすればいい?

――1日に350gの野菜を毎日摂るのは、意識していても難しいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

榎本さん:野菜を茹でておいて下ごしらえをしておき、小分けにして冷凍ストックするという方法もあります。レンジで軽くチンして、副菜を一品増やしたり、汁物に入れたりすれば、短時間でしっかり野菜が摂取できます。

もっと手軽に、効率的に摂りたい場合は、野菜ジュースで摂るのもひとつの手ですね。

――野菜ジュースで摂ると、野菜の持つ栄養が壊れてしまったりしないんですか?

榎本さん:ジュースにすることで失われやすいビタミンCや食物繊維もあるのですが、トマトのリコピンやニンジンのβカロテンなどは加工品の方が、吸収率もアップするといわれています。

――良い野菜ジュースの選び方はありますか?

榎本さん:ジュースに使われている原料のひとつひとつが、こだわりを持って選ばれたものか?というのは大切です。商品によって、国産原料へのこだわり、味や栄養を添加物に頼らないこだわりなど、それぞれ違いがあるので、チェックして納得できるものを探してみてください。

さらには、塩分や糖分の摂りすぎにならないために、食塩や砂糖が不使用というのもチェックポイントの1つですね。

野菜ジュースなら効率的に栄養素を吸収できる

榎本さんのお話を聞いていて、意外だったのが「野菜の持つ栄養素は、ジュースにすることで、吸収率が良くなるものもある」ということ。なんとなく、野菜ジュースは栄養素が壊れてしまっている、というイメージを持っていた人も多いのでは?

詳しく調べてみたところ、にんじんが持つ栄養素のβカロテンはジュースにすることで 1.5倍、トマトの持つ栄養素のリコピンはジュースにすることで、3.8倍にも吸収率が上がるそうです。

<http://www.chiffonya.com/shop/kouza/titokudata_17.11_2.htm>

野菜ジュースは日々の野菜を補うためにはぴったり。

でも、毎日飽きずに続けていくということを考えたら、味や食感も美味しいものが良いですよね。それらの条件を叶えてくれる美味しい野菜ジュースが、カゴメの「つぶより野菜」。

「野菜の存在感」が楽しめる、ワンランク上の野菜ジュースつぶより野菜」の特徴は味だけではありません。にんじんの繊維を絶妙なバランスで配合することで生まれた、新食感も美味しさの秘密。

生野菜にかぶりついた時のような満足感、野菜特有の歯触り、野菜本来の濃密な味わい。そんな野菜の美味しさがこの1本に濃縮されているんです。

品質にこだわるカゴメが作った「つぶより野菜」では、野菜は国産を100%使用。国産野菜の中から厳選した、トマト、セロリ、にんじん、プチヴェール、レタス、ほうれん草の6種類が含まれています。

1本に1日分の野菜350gをギュギュッと濃縮し、食塩・砂糖・保存料も不使用です。

スーパーやコンビニでは買うことのできない、ワンランク上の野菜ジュースが、「つぶより野菜」。一度飲めば、誰もがこれまでの野菜ジュースとの違いに驚くはずです。

通販でしか買うことのできないつぶより野菜を「飲んでみたい」と思ったら、通常1ケース30本入り 7,776円(税込)のところ、初回限定で15本セットを 2,160円(税込)、送料無料のお試しセットがおすすめです。
--------------------------------------------------------------------

榎木さんが、350gの野菜を毎日摂る方法として、野菜を茹でて冷凍ストックして、色々な料理に使うことを提案しておられるのですが、「茹でる」=熱を加えますと、生野菜の酵素が死んでしまいます。

「つぶより野菜」も、どれほど良い材料を使っていても、製造過程で熱処理がありますので、やはり、酵素が死んでいます。

酵素が生きている生野菜をジュースした栄養価値と比べものになりません。

「酵素って何だろう?」をご参照いただきたいのですが、
<http://www.chiffonya.com/shop/kouza/titoku090.htm>
私たちは生まれながらにして、体内で潜在酵素という名の「代謝酵素」「消化酵素」製造の機能を持ち合わせています。消化酵素の働きによって消化・吸収された栄養素を活用し、代謝酵素が正常に働きます。私たちの体はこうして健康に保たれているのです。

皆さんもご存知の、活性酸素を除去するSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)は、代謝酵素の一つです。

この潜在酵素は、一生に作られる量がDNAによって決まっています。

外部から取り入れる、生野菜、果物、生魚、生肉、発酵食品などに含まれる「食物酵素」が少ない食生活をしますと、消化用に体が消化酵素をたくさん作るので、その分、代謝酵素の製造がおろそかになり、代謝酵素不足となります。

酵素たっぷり入ったものを食べたとき、体内の消化酵素を節約することになり、体を治す役割の代謝酵素を十分に作ることができます。

ですから「ベジ・ファースト(野菜先食べ)」は、理にかなった食事法です。
それでも、350gの野菜を毎日摂るのは難しいと思います。

酵素が胃で変化を受けずに吸収するには、胃酸が出ていないときに摂取する必要があります。
ですから、生野菜ジュースを朝起きてすぐ、朝食前に飲むと酵素の恩恵を受けます。
忙しい朝、毎日、出来ますか?

そして、酵素は亜鉛がないと活性化出来ないって、ご存知でしたか。

以上の条件を満たして、350gの野菜を毎日摂る方法は以下の方法です。

グリーン+プロバイオティックスをカルマックス・シータで作った水でシェークして、朝起きてすぐに飲むことです。
▼グリーン+プロバイオティックスの詳細は・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/progreens.htm>
▼カルマックス・シータの詳細は・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/calmax.htm>

これに、えごま油かアマニオイル大さじ1杯を加えれば、毎日、魚を食べることに相当します。
▼アマニオイルの詳細は・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/flaxseedoil.htm>
▼えごま油の詳細は・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/perrilaoil.htm>

グリーン+プロバイオティックスの代わりに、市販の野菜ジュースでしたら、花粉エキスG63を加えれば、酵素たっぷりの生野菜ジュースになります。
▼花粉エキスG63の詳細は・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/pollen.htm>
--------------------------------------------------------------------

高齢になって、ガンになる方が増えています。
潜在酵素を使い過ぎて、代謝酵素、SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)の不足が、活性酸素の消去を出来なくなることによるのでしょう。消化酵素の消耗が少なくする食生活、生野菜、果物、生魚、生肉、発酵食品などに含まれる「食物酵素」が豊富な食生活を習慣化することです。



                         トップページに戻る               ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒678-0172 兵庫県赤穂市坂越1331-1:tel 0791(56)5377