トップページ知って得する講座「パパのお弁当はせかいいち」

「パパのお弁当はせかいいち」

NHKの「サラメシ」をご覧になっていますか。
(サラメシとは、「サラリーマンの飯」の略で、昼ご飯のことです)
みていて、微笑ましかったり、グッときたり、美味しそ―と感嘆したり。

「私たちは、その小さな箱で誰かとつながっている」とは、
加藤文俊著「おべんとうと日本人」の帯に記載されている言葉です。

「パパのお弁当はせかいいち」を転載しました。ご一読ください。
2016.12.14 MAG2NEWSより

2016年12月8日
この日、みどりさんは高校生活最後のお弁当でした。
様々な思い出を蘇らせながら、お弁当を開けると・・・
そこに入っていたのは“1枚の写真”と“父親からの手紙”。
そのときの、みどりさんのツイートが話題になっています。

ツイートにはみどりさんの心境が、こう綴られていました。

今日は高校生活最後のお弁当
というか人生最後のパパのお弁当の日。

昨日の夜すごい頑張ってたから
いつもより豪華なんだろうなって思ってたら
開けたらまずお手紙。と、
いなくなったママの代わりにはじめて
作ったパパのお弁当の写真。

今だから言えるけど、
このお弁当が恥ずかしかった時もあった。
でもしょうがないし作ってくれているパパに
失礼だって残さず食べた。

手紙に書いてあった
ごめんねの文字に涙が出た、
同時に申し訳なさでいっぱいになった。

今じゃ、みんなに褒められるお弁当だよ
私のためにどれだけ苦手な料理
頑張ってくれてたんだろって。
毎日なんとも思わないで食べてたお弁当に
パパはどれくらい気持ちを込めてたんだろう


今では皆に褒められるお弁当ですが、当初は恥ずかしい気持ちもあったというみどりさん。
「お父さんに失礼だから」と、しかたなしにお弁当を食べていたそうです。
しかし、そんなみどりさんの想いに、父親は気付いているようでした。


お弁当に添えられていた父親の手紙。
そこには、父親がみどりさんの気持ちを充分に理解していたことが綴られていました。


みーちゃん 3年間パパのお弁当を食べてくれてありがとう。
この写真はね、みーちゃんが高校に入って初めて作ったパパの手作り弁当だよ!
気持ち悪いね(笑)
でも、3年間作っていたら、だんだん上手になった。
みーちゃんは、たとえまずくても、マズイって言わなかったね。
たまにお腹が痛くなったり、腐ってたり、友達からおかずもらったり、本当にゴメンネ。
最後は精一杯頑張って作ってみました。
大学からは学食かな?
たまにはまたパパのお弁当食べてね。
3年間ありがとう。そして大学おめでとう。


どんなお弁当でも、みどりさんが文句ひとつ言わずに食べてくれたこと。
お父さんはそれを知っていたのです。
手紙を読んで、初めてそのことを知ったみどりさんは号泣してしまったそう。
最後のお弁当を開けたときの、みどりさんの心境も綴られています。


そんな写真をみたあとにお弁当をあけてほんとにびっくりした。
とても綺麗で、具だくさんで
必死に最後のお弁当を作ってるパパの姿を
思ったらまた涙が出ちゃって、
感謝の気持ちいっぱいでお弁当を食べました。

パパの愛情たっぷりのお弁当は
ほんとにほんとに美味しかった
いつかパパがこんなの作れたらねって
言ってたインスタのお洒落なお弁当より
ぜんぜんキラキラしてた。

まさかお弁当で
こんなに泣かされるとは思わなかった、
毎日毎日夜遅くから朝早くまで
がんばって作ってくれて本当にありがとう

3年間、お弁当おつかれさまでした
パパのお弁当はせかいいち。


「パパのお弁当はせかいいち。」
みどりさんの父親への想いが伝わってきますね。

こちらが、愛娘のために作った高校生活最後のお弁当。
<http://www.chiffonya.com/shop/kouza/titokudata_15.htm>

綺麗に彩られた、女の子らしいお弁当です。
また、お弁当包みにも気が配られています。
これでもかと言うほど、父親から娘への愛情が溢れていますね^^

本当に素敵な親子ですね^^
また、みどりさんのツイートに心を動かされ、
自分を支えてくれている人たちに感謝しなければと思った人は多いようです。
改めてそう思わせてくれたみどりさん親子にも感謝したいと思います。



                         トップページに戻る               ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒678-0172 兵庫県赤穂市坂越1331-1:tel 0791(56)53