トップページ知って得する講座熱中症に自家製飲むリンゲル液を!

熱中症に自家製飲むリンゲル液を!

熱中症対策のひとつ「水」について考えてみたいと思います。

▼熱中症対策に塩をプラス…20〜30分ごとに水分補給
7月2日の読売新聞「家計の知恵」から転載

甘酒、カロリーゼロ商品も

7月は「熱中症予防強化月間」(政府提唱)だ。6月は熱中症で搬送される人が急増したが、暑さが本格化するこれからは一層注意が必要となる。最近は、熱中症対策を意識した清涼飲料水が充実しており、賢く利用したい。(中西美沙子)

まず脱水症状に注意

熱中症は、大量の汗をかいて体液や塩分などの電解質が不足する脱水状態が続いた後、汗がかけなくなることで体が高温状態となり、めまいや頭痛、吐き気などが起こる障害の総称だ。高温多湿の環境下で起きやすい。

神奈川県立保健福祉大学(横須賀市)の谷口英喜教授は、「予防は、十分な休息と栄養をとり、規則正しい生活をすることが基本。しかし、夏場は水分が不足しがちで、気づかないうちに脱水状態になっている場合があるのでナトリウム(塩分)が含まれた清涼飲料水などを飲むのも予防策のひとつ」と
いう。

厚生労働省は熱中症を予防するための水分、塩分摂取について、100ミリ・リットル当たり40〜80ミリ・グラムのナトリウムを含む飲料水を20〜30分ごとにカップ1〜2杯程度飲むことが望ましいとしている。

各社が清涼飲料

飲料メーカーも、塩分を増量した清涼飲料水を送り出している。

サントリー食品インターナショナルが6月に発売した「塩のはちみつレモン」は、従来の「はちみつレモン」のナトリウム量が100ミリ・リットル当たり10ミリ・グラムだったのに対し、同43ミリ・グラムとした。甘みと酸味を抑えすっきりとした後味に仕上げたという。

キリンビバレッジが2年前から販売している「キリン 世界のKitchenから ソルティライチ」もナトリウム量は同43ミリ・グラムだ。今年の商品は、ライチ果汁を増やしたため、ライチの甘酸っぱさが塩によって引き出されるという。

また、冬の飲み物と思われがちな甘酒も水分、糖分、そして塩分が補給できる。そもそも江戸時代、甘酒は夏場によく飲まれ、俳句の夏の季語にもなった。森永製菓は6月に、同72ミリ・グラムのナトリウムを含んだ大容量の「冷やし甘酒1000ミリ・リットル」を発売した。

糖分取りすぎは禁物

ポッカサッポロフード&ビバレッジの「塩JOYサポート」は元々、大量に汗をかく建設現場などで働く人が飲むことを想定した商品で、ナトリウムは同80ミリ・グラムと多めだ。カロリーがゼロのため、昨年あたりからは、子供にカロリーを取らせたくない母親世代が購入するようになったという。「日常的に飲んでもよいが、スポーツ後や炎天下の作業後など大量に汗をかいた時に利用してほしい」(同社開発担当)という。

谷口教授も「熱中症対策として清涼飲料水を飲む場合は、ナトリウム量など成分を確認して飲むことが大切。就寝前や起床時、入浴後、汗をかいた時などにこまめに飲むといいが、糖分の取りすぎにも注意した方がいい」とアドバイスする。

注→→→ポカリスエットの原材料は
砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)

▼ 熱中症に経口補水療法
AllAbout薬の基礎知識から転載

イオン飲料で代用できるの?

経口補水療法の考え方からすると、イオン飲料やスポーツドリンクと呼ばれている製品は、熱中症や嘔吐、下痢、激しい発熱時の脱水症の「予防」などには役立ちそうです。経口補水液に比べて飲みやすくなっているこれらの製品は、電解質の成分が半分以下しかなく、糖分が多く配合されています。結果として、経口補水液に似た働きはあるものの、脱水症状に対する効果の面では劣ってしまいます。ということは、水よりはましですが経口補水液が飲めない状況の時に使うのがよい方法、といえるでしょう。

注→→→パパ・ママのためのお薬講座 脱水症に経口補水療法
<http://allabout.co.jp/gm/gc/300876/>

OS−1(オーエスワン)という選択

そんなイオン飲料の代表選手のポカリスエットは、今や知らない人はいないと思います。イオン飲料を広めてきた大塚製薬は、経口補水療法に目をつけ経口補水液「OS−1」を開発してきました。製品には液体ペットボトルタイプでは200ml、500mlの2種類と200gのゼリータイプがラインナップされています。味は、電解質が多く含まれている分、ポカリスエットェットよりも少ししょっぱい感じです。しかし、体が必要としている時にはこれがおいしく感じられるということです。(漢方薬などでもよくある表現ですが科学的な証明は明らかにされていません)

注→→→オーエスワンシリーズの詳細は・・・
<http://www.os-1.jp/>

どこに売っているの

この経口補水液は特定保健用食品でありながら、コンビニやドラッグストアでは見かけることが少ないでしょう。それは、特別用途食品でも病者用食品(個別評価型)というもっとも治療効果が期待できるレベルの製品ということを厚生労働省が認めた製品だからです。(注意:ゼリータイプは病者用食品ではありません)このレベルの製品は医薬品と同じように、利用にあたって医師や看護士、薬剤師などの指導が必要という判断から、保険調剤薬局などで売られるのが推奨されています。前回もお伝えしていますが、心臓や腎臓の異常が心配される人や現在治療中の人は特に注意が必要です。

どのくらい飲むの?

乳幼児の場合:1日50〜100ml/kgの量を3〜4時間かけて摂取します。10kgのお子さんの場合、症状をみながら500ml〜1000ml使うことになります。

学童から高齢者を含む成人の場合:500ml〜1000mlを1回に200ml(コップ1杯)くらいずつ数回に分けて摂取します。

どうやって飲むの?

ゆっくり時間をかけて、20mlくらいの量を何度もくり返して飲んでいってください。

注→→→以下は、人間医学7月号「大切な水分」より抜粋引用。

そしてこれから暑い夏に向かって、この水とのかかわりが大切となってくる。この数年「猛暑」と呼ばれる気温35℃以上の日が多くなっている。暑い日にはこまめに水分を取る必要があるが、この水の飲み方にも注意が必要だ。昨年のことだが、夏の間中冷たい水を飲んでいた50代の女性は、夏の終わりころに腸の不調で入院を余儀なくされた。同じような冷たい水の飲み方をした60代の男性も、8月下旬になって腸の不調で入院した。

それぞれが腸の不調になった主な原因は、冷たい水の摂り方にあった。連日何回も冷たい水を飲み続けたため、その繰り返しが胃腸に大きなダメージを与えた。特に最近は、夏の期間が長くなっているので、水分を多く摂取する期間も長くなっている。暑い日が続くと、冷たい水を飲みたくなるのは分かるが、最初はぬるめの水を少し飲んでから、冷たい水にした方がいい。初めから冷たい水だと、急に胃腸を刺激するので注意が必要だ。

暑くなり気温が高くなるにしたがって、体が汗ばんでくる。さらに時間が経過すると、汗が流れるようになる。汗は、外気の温度によって上昇した体温を、気化熱によって下げる大切な働きをしている。このようにして汗が出るようになると、体内の水分がどんどん減少してくる。この水分の減少に対して体の方は、のどの渇きを訴えるので、これを我慢してはいけない。しかし、飲んだ水はすぐに体内には吸収されないので、のどの渇きがなくなってもこまめに水分を摂取する必要がある。飲んだ水は胃からは吸収されず、腸から吸収されるので、体内の細胞に水分が届くには時間がかかるからである。

さらに寝ている間も、体から水分が出ており水分が減少している。そして血液がさらさらではなくなってくる。血液の状態から「朝は魔の時間」と言われている。心筋梗塞や脳梗塞が多いのが、朝の時間帯だからである。そこで朝起きた時にコップ一杯の水を飲む習慣をつけたい。寝る前にあらかじめコップに水を入れておくと、習慣になりやすい。体にとって水は大切なものであり、その摂り方や摂る時間帯などを意識して習慣化しよう。
▲ここまで----------------------------------------------------------

自分で作る経口補水液

最後に、経口補水液の用意がなかったり、自分で作ろうと言うアクティブな方の為に、ご自分で作る方法をお伝えしておきます。ご利用にあたっては、これまでお伝えしてきた注意事項をご理解の上行なってください。そして利用する上で何かわからない事がありましたら、直接医師や薬剤師に確認してからにして下さい。

キッチンで作る「経口補水液」簡単レシピ

<材料>
ボトル1000ml、塩:小さじ1/2杯(3g)、砂糖:大さじ4と1/2杯(40g) 、水:約1000ml

<作り方>
一度沸騰させた水1リットルに対して上記の分量の塩と砂糖を加えてできあがりです。でもちょっとだけこだわるとすれば、塩はすこし高級なもの、砂糖は見つけにくいかもしれませんが、ブドウ糖がいいでしょう。高級な塩にはナトリウム以外のミネラル分が多いこと、糖分は分解をうけてブドウ糖になるので最初からブドウ糖をとったほうが効率が良いという理由からです。でも、手近にあるお砂糖と塩でも大丈夫です。そしてレモン果汁などで飲みやすくしてもいいかもしれませんね。

このレシピを知っていれば、キャンプなどで外出中だったりした時の熱中症や発熱や下痢で脱水になってしまう時に役にたつでしょう。もちろん経口補水液を事前に準備しておいたり、脱水にならないように注意しておく事が基本ですが、緊急事態は突然訪れるもの、思わぬところで必要になった時に思い出してみてください。この情報で脱水によって体調が悪くなる人が少しでも減るといいと思います。


▼カルマックスの開発者、八籐 眞さんが提唱する「飲むリンゲル液」
以下は、超ミネラル活用辞典から引用

人体には20数種類のミネラルが必要で、その筆頭がカルシウムであることはすでにお話ししました。そして、そのミネラルのバランスが大事だということも申し上げました。ですから、どんなによいミネラルでも、それだけを単一に摂ることは偏りにすぎません。

では、どのようなバランスで必要なミネラルを摂取したらよいのでしょうか。それはズバリ「人体体液組成」としてのバランスです。人間の体に取り込むミネラルは、体液組成と同じバランスであるべきで、それが体に負荷をかけない状態であり、健康の維持、増進のもとなのです。

みなさん、「リンゲル液」はご存知ですね。

そうです。水分が不足して極度に体力が衰えたときなどに点滴する、あの「液体」です。リンゲル液は、イギリスの生物学者・薬学者・小児科臨床医であるシドニー・リンガー博士が発明したもので、その中味は塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、有機酸、必要に応じてリン酸、アミノ酸、ビタミン類を加えてつくられています。

もう少し詳しくいうと、実際には人体の状態によって塩化物だけか、そこに有機酸を加えたリンゲル液にするか使い分けられ、短期においては塩化物リンゲル液が使用されますが、長期にわたるとそこに有機酸を加えたリンゲルが用いられます。なぜなら、塩化物だけの陰イオンだと、その緩衝剤である重炭酸が不足するため、それをつくり出させる有機酸を加えるわけです。

このように、人体体液のミネラルをバランスよく配合したものがリンゲル液(有機酸を加えたリンゲル液)であり、これによって私たちの体は元気を取り戻すことができるのです。

ここで「体が元気」ということについて、ちょっと考えてみましょう。

私たちの体は、約60兆個にものぼるさまざまな細胞から構成されています。体が元気ということは、その一つ一つの細胞が元気だということにほかなりません。元気な細胞が集まってこそ元気な組織をつくることができ、その元気な組織が組み合わさって元気な器官をつくり、元気な器官が集まって元気な器官系をつくり、元気な器官系だからこそ、それが集まって1個体(人間)が元気なのです。反対に体が元気でないということは、一つ一つの細胞が元気がないということ。これは酸・塩基平衡が崩れているということ、言い換えれば体液組成のバランスが崩れているということです。

ですから、体力が衰えたときに、リンゲル液を点滴すると元気になるのです。つまり、リンゲル液=体液組成液は、「組織が蘇るための液」なのです。

しかし、そのリンゲル液も点滴といわれるように、血液に合わせて1滴1滴入れないと血液濃度が変化してしまうため、ポタポタと時間をかけて投入されるわけです。

一度に大量に入れてしまうと血液中のミネラル濃度が部分的に濃くなるため、血管センサーが部分的に反応して脳指令がパニックを起こしてしまうためです。

しかし、リンゲル液バランスのものを食べれば腸からゆっくりと吸収されパニックを起こすことはありません。それを食べる・飲むリンゲル液も商品化されています。

注→→→「飲むリンゲル液」で検索しますと「ポカリスエット」がヒット!

飲むリンゲル液のつくり方

<材料>
ボトル1000ml、カルマックス:2ml、ミネラルバランス塩:10g、ミネラルバランス糖:10g、浄水:978ml

ミネラルバランス塩は、塩の量の5〜10%の量のカルマックスを加える。
ミネラルバランス糖は、砂糖の量の5〜10%の量のカルマックスを加える。

注→→→塩並びに砂糖の10%の量のカルマックスを加えるとして、

ボトル1000ml、カルマックス:3.8ml、塩:9.1g、砂糖:9.1g、浄水:978ml

<作り方>
1000mlのボトルに浄水、塩、砂糖そしてカルマックスを入れ、混ぜる。

※高度浄水の水道水でOK。普通の水道水は沸騰させて冷まして下さい。
※ミネラルバランス糖の代わりに、はちみつにされてもOKです。
ぜひ、AllAboutのキッチンで作る「経口補水液」と飲み比べて下さい。

▼カルマックスの詳細は・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/calmax.htm>
▼マルチフローラルハニーの詳細は・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/honey_multifloral.htm>
▼ジロロモーニはちみつの詳細は・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/giro_honey.htm>

▼熱中症対策、上手に汗をかいて体温調節を
<http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20130619/155827/>
▼愛犬の熱中症対策は大丈夫?
<http://allabout.co.jp/gm/gc/420875/?NLV=AL000002-1674>
▼猫ちゃんも危険! 熱中症にご注意!
<http://allabout.co.jp/gm/gc/420853/?NLV=AL000002-1674>
--------------------------------------------------------------------

10月から都内全域で100%高度浄水処理した水道水になります。

高度浄水とは、浄水処理過程の中で沈殿池と急速ろ過池の間にオゾン処理と生物活性炭吸着処理を組み込んで作った水道水です。オゾン処理で、かび臭原因物質やトリハロメタンのもととなる物質などを、オゾンの強力な酸化力で分解します。そして生物活性炭吸着処理で、活性炭の吸着作用と活性炭に繁殖した微生物の分解作用とを併用して汚濁物質を処理します。

高度浄水処理をしたより安全でおいしい水道水(東京水)を冷やして、市販のミネラルウォーターと飲み比べて下さい。

違いが解りましたか?

ミネラルウォーターの支出をカルマックスにまわされてはいかがでしょうか。


                         トップページに戻る               ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050