トップページ知って得する講座田んぼで飲み水を浄化する

田んぼで飲み水を浄化する

▼有機野菜ってカラダにいいの?
以下は、「ホントが知りたい食の安全 有路昌彦」2013/1/4 6:30 ニュースソース日本経済新聞電子版より転載しました。

有機野菜と聞けば、どのようなイメージをもたれますか。ちょっと割高だけど、安全で安心できる、味がよい、というようなイメージでしょうか。

日本にはJAS(日本農林規格)有機認証があり、有機農産物の認証は公的に行っています。世界的にはGAPという認証制度があり、ほかにも多くの有機農産物認証があります。

これらには明確な基準があり、基本的に化学肥料や農薬の使用を控えて生産するので、除草などに手間がかかり収穫量が比較的少ない分、基本的には割高になります。

私もできるだけ農薬を抑えている米を継続的に食べていますし、地域の販売コンサルティングをするときにも有機野菜の生産をお勧めしています。

でも、リスク学の視点で言うと、有機野菜だから安全であるとか、化学肥料や農薬を使った慣行農法であるから危険であるということは、現在はありません。

日本で使用が認められている農薬や化学肥料は厳密な基準で、種類と量が決まっています。口に入れる時点での残留性までを考えたうえで、そのリスクを評価して管理されています。

有機野菜は「天然の農薬」をつくる

では、有機野菜に代表されるこういった有機農産物が持つ、「本当の意義」とは何でしょうか。

有機野菜は、植物が本来もっている天然の化学物質「ファイトケミカル」をたくさん含んでいるので体に良い、という説があります。しかしこれには科学的根拠はありません。

そもそも植物も生物であり、生体防御反応を持っています。いわゆる「天然の農薬」を自分で作ります。野菜に害虫によるストレスを与えるとこの生体防御反応が生じ、いろいろな物質をつくります。こういう物質を抽出し化学的に合成して新薬としての農薬を作ることもあるほどです。

だから有機野菜が体にいい、という理屈にはなりません。有機野菜が体にいいとか、安全だ、というのは本質的には、「プラセボ(偽薬)効果」に近いものであり、心理的な側面のほうが強いでしょう。

環境保全効果に目を

では有機農法には意味がないのでしょうか。そんなことはありません。最も大きいのは「環境保全効果」だと思います。農薬や化学肥料は農地に強い作用を与えます。

特に除草剤は、産業として農作物をつくるには重要な要素ですが、ターゲットになる雑草だけでなく虫や魚、貝にも強い影響を与えます。中には死滅させることもあります。殺虫剤もカメムシやウンカのような害虫だけでなく、トンボやカエルにも強く作用し、一緒に死滅させてしまいます。

このように、特に農薬は、農地中や周辺の生き物の個体数を減らし、また多様性を失わせる原因になります。例えば有機農法の田んぼの側溝にはマシジミがよくわいていますが、慣行農法の田んぼの側溝にはマシジミはほとんど生息していません。

私がよく食べているお米は、琵琶湖の周辺にある田んぼで作っています。フナやコイ、ナマズは琵琶湖から上ってきて水田で産卵し、稚魚のときは田んぼのプランクトンを食べて成長します。

琵琶湖の魚を増やすには、周辺の田んぼの機能がとても重要です。ここで強力な農薬を使うと魚が死んでしまうので、できるだけ使わず、魚に影響を与えない農法をしている米は、生産と同時に生き物を守って増やすことにつながっています。

これを消費者が理解して買わなければ、農家は生産を続けることができません。つまり環境保全、漁業資源の保全という側面で有機農法はとても大切な方法なのです。

一方、有機だから全てよい、というわけでもありません。有機肥料が水を汚濁させたりするのは、化学肥料と特に変わりません。従って過剰利用を避けるとか、排水管理を行うなどは、いずれにせよ必要です。こういったことも含め、環境保全をしている農産物として有機農産物を買うのは、環境効果があるということができるでしょう。
---------------------------------------------------------

▼田んぼで飲み水を浄化する
以下は、「日本のリアル」の「第2章 田んぼには肥料も農薬もいらない 養老孟司×岩澤信夫」から転載しました。

さらに私たちは、市民レベルの農業で田んぼに浄水場の機能をもたせる計画にも取り組んでいます。

千葉県には印旛沼という汚染度が日本でワースト2の水源があります。そこからの水を千葉県の人間は飲まされているのですが、利根川の水を何十キロも先から引き込んで汚れた水に混ぜ、何とか水道水にしているんです。

印旛沼には約2000万トンの水があります。その周りには、約6000ヘクタールの田んぼがあります。そこで、これらの田んぼを不耕起冬期湛水栽培に切りかえれば、印旛沼の水を「緩速ろ過」できるのです。

緩速ろ過とは、川からの水をろ過池にゆっくり流し、水を浄化することです。ろ過池の中には太陽光が入るのでメロシラという珪藻類が発生します。メロシラは水中で光合成をして酸素を出し、この酸素によってろ過池では土壌生物や微生物が発生します。これらが有害菌をすべて食べてしまうので、水は浄化されるのです。日本でも戦前の水道は緩速ろ過でした。

不耕起冬期湛水栽培の田んぼは、こうした浄水池と同じ浄水機能をもっています。6000ヘクタールの広さがあれば、2億4000万トンの水を浄化でき、印旛沼の水は1年間に10回転以上も浄化される計算になります。おそらく印旛沼は、ニジマスなどが年間生息できる沼に一変するはずです。

ところが、この計画にはネックがあって、行政の縦割りが問題として立ちふさがってくるんです。

まず水資源に関することですので、国土交通省が出てきます。水をきれいにするのだと言うと、環境省も出てくるでしょう。田んぼを使いますから、農水省にもお伺いを立てなければいけません。それらをすべてクリアし、活動の許可を取り付けたとしても、さらに県が出てきますし、周辺市町村や土地改良区にも話を通さなければいけません。これでは到底、計画は実行できません。

ですから、私たちはこの計画を市民レベルで進めていこうとしているんです。田んぼの市民農園をやるだけでなく、排水路にダムをつくって釣り堀をやってみたり、山菜取りを企画したりして、都会から人が集まる環境をつくることで、この活動を広めていこうととしています。


                         トップページに戻る               ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050