トップページ知って得する講座深夜の天丼は、安倍自民党総裁には「強い胃腸」の証明?

深夜の天丼は、
安倍自民党総裁には「強い胃腸」の証明?

仕事柄、夕食が遅くなる人は、結構多いんじゃないでしょうか・・・
その遅い夕食が肥満の元になるとよく言われますが、そのことが、早稲田大学と日本大学の研究によって裏付けられました。ところが、安倍自民党総裁にとっては「強い胃腸」の証明?のようです。豊かさのなかの、この貧しい現実をご一読ください。

▼遅い夕食やっぱり太る…絶食時間短縮 体内時計狂う
10月7日読売新聞より転載 

夕食の時間が遅いなど食事の間隔が乱れていると、体内時計がずれることを、早稲田大学の柴田重信教授(薬理学)らの研究チームがマウスを使った実験で明らかにした。

人間では体内時計の混乱によって肥満や糖尿病になりやすいことが分かっており、規則的な食事が肥満予防につながるという。11日から京都市で開かれる日本肥満学会で発表する。

生物の体内時計は細胞中の時計遺伝子で制御されている。1日は24時間だが、体内時計の周期は少しずれているため、光や食事によって補正し、1日のリズムを作っている。柴田さんらはマウスに1日3回の食事を与え、腎臓と肝臓の時計遺伝子の働きを計測し、体内時計のリズムを調べた。その結果、人間の朝7時、正午、夜7時に相当する時間に食事を与えた場合は、1日で最も長い絶食時間の後にとる朝食で体内時計がリセットされることが分かった。この朝食の時間が1日の活動リズムを規定する重要な役割を果たしている。

一方で夕食時間が午後10時と遅いと、体内時計は2〜3時間ずれることが確認された。昼食から夕食までと、夕食から朝食までの間隔がほぼ同じになるため、体内時計のリズムが狂うらしい。夕食を午後7時と午後10時に分けて与えた場合は、朝食までの絶食時間が最も長くなるため、体内時計のずれは1.5〜2時間に抑えられた。柴田さんは、「規則正しい食生活が肥満予防につながると」と話している。
--------------------------------------------------------------------

▼「体内時計の番人「BMAL1」が脂肪を増やす!?」
All About の「夕食が遅くなっても太らないためのコツ」の中で解説した日本大学薬学部(榛葉繁紀、大野俊治、手塚雅勝)の研究です。<http://allabout.co.jp/gm/gc/45390/>

私達の身体には「体内時計」をつかさどるタンパク質があります。それが脂肪を溜め込んだり積極的に燃焼したりと、時間によって働き方に違いがあることがわかっています。

このタンパク質はBMAL1(ビーマルワン)と呼ばれており、DNAに結合して体内時計が正常に働くようにするタンパク質で、この量の増減により、脂肪の蓄積に変化があります。BMAL1が働くと、夜22時頃から急激に脂肪を溜めやすくなり、深夜2時〜4時が脂肪蓄積のピークになるのだそう。逆に午後の15時くらいが最も少なく、最も脂肪になりやすい深夜との差は、何と約30倍なのだとか!

また残念な事に、肥満傾向にある人ほど、昼間のBMAL1の値までもが高いままの傾向にあるとも言われています。この働きに従う場合は、夜20時くらいまでに夕食を食べるのが良いのだそうです。
--------------------------------------------------------------------

▼「上天丼、アイス食し強い胃腸を強調する安倍晋三氏に医師苦言」
週刊ポスト2012年10月5日号より転載
<http://www.news-postseven.com/archives/20120921_144722.htm>

無念の首相辞任から5年、自民党総裁選に立候補し、再チャレンジを目指す安倍晋三氏のアピールポイントは「美しい国」でも「戦後レジームからの脱却」でもなく、「強い胃腸」のようだ。

総裁選出馬表明前夜の9月11日、安倍氏のフェイスブックには選挙への意気込み……ではなく、健啖家を誇示する写真が掲載された。

秘書がアップした文面には、<打ち合わせを終えたところ、晩ご飯を食べていないのに気づいた安倍さんが『お腹すいた…「天や」行こう!』と言い出し、みんなで近所の「天や」で深夜の天丼!!>とあり、天丼を豪快にかき込むワイルドな安倍氏の姿が。丼から海老のシッポが2本見えるところから推測するに、どうやら「上天丼」のようだ。

その数日前には、<安倍さんはコンビニで大好きなアイスを購入。秘書にも『ガリガリ君』を買ってくれました>とある。こちらも店内で買い物カゴを持つ安倍氏の写真付きだ。

しかし、安倍氏の首相辞任の理由は「潰瘍性大腸炎」だったはず。案の定、読者からは<お腹大丈夫ですか><冷たいものは、身体に悪いですからあまり、おとりにならないように>とのコメントが相次いだ。

確かに本人も公示以降は再三にわたって、「2年前に画期的な新薬が承認されて、劇的に(病状が)改善した」と強調しているが、消化器系の疾病に詳しい医学博士で医療ジャーナリストの森田豊氏はこう語る。

「深夜の脂っこい食事や、消化液の分泌を阻害する冷たいものは、胃腸が弱い人には控えるほうがいい。ましてや噛まずに飲み込むような食べ方は絶対にダメ」
--------------------------------------------------------------------

▼「栄養学に無知な日本のインテリ」・・丸元淑生著「生命の鎖」より転載

マクガバン委員会の出した『合衆国の食事の目標』の第二版(1978年)で、カーター政権の農務長官だったボブ・バーグランドは、こう告白している。

「われわれの常識は、中心から大きくはずれて誤ったところに行ってしまっていたのだ。この国はなんとしても、人間の栄養についての政策を展開しなくてはならない。その上にわれわれは、食べものについての政策をうち立て、その枠組みのなかに、もっと道理にかなった、正気の、農業政策をつくっていかなくてはならない」

バーグランドが米国の農業政策を正気のものにする前に、カーターは大統領選に破れるのだが、このことばは、いまの日本にもそのまま当てはまると思われる。

違うのは、わが国における栄養学と食の常識が、いまもなお“中心から大きくはずれて誤ったところに行ってしまって”いる点である。第2章でみたように、マクガバン・レポートのもたらした重要な情報が、わが国では一般の人にほとんど伝えられなかったくらいである。

それは食事や栄養について、根幹の部分での誤った常識をひろげているが、「ご飯は肥る」「ご飯は澱粉にすぎない」「ご飯は糖質ですから……」というのも、その一つである。

私はかつて、元日銀総裁の故前川春雄氏と栄養についての話をして、氏のようなエリートさえもが、そういう誤った常識をもっていることに驚いたことがある。米国でもかつては穀類は、「澱粉にすぎない」「肥る」といわれていたけれども、それはマクガバン・レポート以前の話である。もう十数年も前からインテリであれば、よくバランスのとれた、環境とも調和する食事をするには、穀類がいかに重要であるかを知っている。そういう正確な知識が、栄養学の啓蒙書を通して、またマスコミを通して、ひろく浸透しているからだ。

多数の疫学調査をふくめた最近の栄養学の研究が、穀類、野菜、果物の重要性をいよいよ明確にしたため、多くの先進国諸国は1980年代末に、相次いでつぎのような食事の指針を発表している。

「精製していない穀類と、野菜と、生の果物によって、複合炭水化物の摂取量を増やすように」(イギリス、ドイツ)

「複合炭水化物の摂取量を増やして、食物繊維をもっと多くとるように」(スウェーデン、フランス、ノルウェー、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、アイルランド)

それをいい換えると、食物連鎖の低いところで多くのカロリーをとる(とは つまり、多く食べる)ことを勧めているのだが、バークランドがいったように、この栄養政策がまずなければ、正しい食料政策、農業政策は生まれてこないだろう。
--------------------------------------------------------------------

前川日銀総裁は1911年生〜1989年没ですから、丸元さんとの対談はおそらく30年以上前のことでしょう。安倍さんとその秘書がされたパフォーマンスは、30年以上経った今でさえも、栄養学の正しい知識が浸透していないということでしょうか。

『新聞や雑誌から断片的な知識は受けとっていて、それがまた諸説紛々であるため、甚だしく混乱しているというのが現状のようである。そういうところにも昨今のいささか狂乱気味のグルメ・ブームの温床があると思うけれども、栄養学が重要な意味をもつのは、実はグルメ・ブームが起こりうるような豊かな社会においてなのである』とは、丸元さんが1986年発行された「豊かさの栄養学」のまえがきの一節です。

望ましい食習慣を承知の上で、時には羽目を外すこともあると思いますが、その反省よりも、画期的な新薬によって体調が劇的に改善したことを強調されるところをお見受けすると、食べものに関わる科学としての栄養学(家政学の栄養学)はともかく、人間にとってのオプティマルな食事を追及する科学としての栄養学(現代栄養学)を理解しておられるとは思われません。

人間にとってのオプティマルな食事を追及する科学としての栄養学に無知な、政治に関与する多くの方に、将来を見通した食料政策や農業政策を立案することはできないでしょうし、喫緊の課題とされるTPPや社会保障の改革を論ずる資格もないと思うのですが、如何でしょうか。


                         トップページに戻る               ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050