トップページ知って得する講座ピンピンコロリのための5+1の「力」とは?

ピンピンコロリのための5+1の「力」とは?

元気に生活「健康寿命」…男70歳・女73歳

厚生労働省は1日、国民が一生のうちで健康面の支障がなく日常生活を送れる期間を初めて算出し、「健康寿命」と名付けて公表した。

2010年の健康寿命の平均は男性が70.42歳、女性が73.62歳で、生存期間を示す平均寿命(簡易生命表)とは男性で9.22年、女性は12.77年の差がある。同省は健康寿命を延ばすことを、改定中の国民の健康指標「健康日本21」に新たな目標として盛り込む。

健康寿命は、同省が行っている国民生活基礎調査で、日常生活への健康上の問題の影響を尋ねた質問に、「ない」と回答した人の割合や年齢別の人口などから、同省の研究班が計算した。都道府県別では、男性は愛知(71.74歳)、女性は静岡(75.32歳)がトップ。最短は男性が青森(68.95歳)、女性は滋賀(72.37歳)だった。(2012年6月3日15時03分 読売新聞)

平均寿命から介護(自立した生活ができない)を引いた数を「健康寿命」としてWHOが2000年に初めて公表しました。2004年のWHO保健レポートでは、日本人の健康寿命は男性で72.3歳、女性で77.7歳、全体で75.0歳であり、世界第一位です。厚労省の数値と異なっていますのは、WHOとは健康寿命の定義の違いによります。

『健康寿命を延ばす「コツ」がある』といって、「ちょい太でだいじょうぶ」という本を著された鎌田 實先生の『最終メッセージ 健康で長生きするための五つの「力」』を転載しました。ご一読ください。

以下は、鎌田 實著「ちょい太でだいじょうぶ」から『最終メッセージ 健康で長生きするための五つの「力」』の転載です。

与えられた寿命が50年の人がいたら、脳卒中や心筋梗塞にかからず、元気に70年生きられるように。寿命60年の人を80年、いきいきと生きられるように。寿命80年の人は100年生きて、ぴんぴんころりと逝けたらいいなあと考え、健康寿命を延ばす具体的工夫をしてきた。それぞれの人が寿命より、2、30年健康で長生きをして、人生を楽しみ、感謝しながら人生の幕を下ろす。それを可能にするための最終メッセージ。

(一)若々しい「体力」を維持すること
散歩を中心にした有酸素運動がだいじ。できるだけインターバル速歩を加えること。関節に負担をかけないで、ゆっくりした筋肉トレーニング、スロトレのすすめ。「おお太」はいけない。でも無理してやせなくて大丈夫。筋肉のある「ちょい太」「ちょうコレ」でいい。

(二)「免疫力」を上げる
老化とともに、T細胞機能は低下して免疫力が落ちやすい。「ちょい太」の方が免疫力が高く感染症やがんになりくい。いつも笑い、どんなときでも希望をもっていること。副交感神経を刺激する、ホッとするおだやかないい時間をつくろう。

(三)「気力」をアップする
生命活動の根源的エネルギーである「気」を時々、意識してみる。自然のなかに、少しでも多くの時間、自分の体を置くよう心がける。できるだけ自然な食べ物を、あまり複雑な料理をせずに、シンプルに食べる。自然が自分の体のなかに入っていくイメージをもち、人と自然のつながりのなかで生きている自分を確認すること。心と体はつながっているのだから、心に刺激を与えれば体の病気は起きにくくなると信じてみよう。自立していながら孤立しない、人と人のつながりを上手につくること。

(四)「抗酸化力」を高める生活習慣を身につける
若々しい血管を守るのは簡単。血管をダメにする七悪と、血管を若返らせる三善をしっかり身につければいい。フリーラジカルをあばれさせないために、抗酸化作用のある、色のついた野菜と魚を食べれば、老化を防ぐことができる。いい水と食物繊維をたっぷりとろう。

(注)血管をダメにする七悪とは・・・
肥満、高血圧、ストレス、高脂血症、タバコ、糖尿病、高尿酸血症

(注)血管を若返らせる三善とは・・・
運動、ニコニコしていること、食物繊維の多い食事をとること

(五)自分のなかにある「復活力」を信じること
人間は失敗したり、病気をしたりする動物である。一つや二つ病気をしても、へこたれないことが大事。閉じこもらない、低栄養にならない、口をきれいにして、歯を大切にし、咀嚼力を保つ。カルシウムをとって骨を強くして、転ばない。脳に常に刺激を与えて、認知力を低下させない。ダイエットに失敗しても投げ出さない。再チャレンジすること。健康という目標はあるが、ゴールなんかないのだ。健康に生きようと思うプロセスのなかに、健康は隠れている。

この本をここまで読みながら、少しずつ実践を始めてくださったあなたのなかには、体力、免疫力、気力、抗酸化力、復活力が芽生え始めているはず。信じていい。だいじょうぶ。
--------------------------------------------------------------------

健康で長生きするための六つ目の力、「酵素力」を加えるべきだと思います。

(六)「酵素力」を補う食事をし、ムダ使いをしない生活習慣をする「人間が一生のうちに体内で作り出せる酵素の総量は限りがあり、酵素が尽きれば命も終わってしまう」というのが、エドワード・ハウエル博士の酵素栄養学の原理です。ですから、体内にある潜在酵素(代謝酵素と消化酵素)をムダ使いしないようにすることと、外部から取り入れる食物酵素で補うことです。

食物酵素は、生の食べ物の果物や野菜、肉や魚といった食材、そして漬物や納豆などの発酵食品にたくさん含まれています。

酵素って何だろう?・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/kouza/titoku090.htm>
--------------------------------------------------------------------

以下は、丸元淑生著「短命の食事 長命の食事」から抜粋、転載です。

エンザイム(酵素)は、熱くて手をつけていることができない湯の温度では壊れますので、加熱調理した料理には含まれていません。さまざまな加熱の過程のある加工食品にはむろん含まれていません。含まれているのは、生の食べものだけです。

ですから、エンザイムが十分に摂れる食事は、生ものを十分に食べる食事といい換えることができますが、人類は長い間(ごく最近までの何万年という長い間)そういう食事をしてきたと考えられています。

<中略>

世界の伝統食に共通する食事の構成・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/kouza/titokudata_4.htm>

豊かになった現代人の食事を、この図で表してみますと、肉と魚と乳製品の円が非常に大きくなって、その分、穀類と豆の円が小さくなっています。そして、大多数の人の生の円が小さくなっています。

人類の長い歴史になかった食事をはじめているわけですが、特に生の円が小さくなったことは多くの病気を招く原因になっています。
--------------------------------------------------------------------

間違えやすいのは、市販のジュース類です。ビタミンやミネラルが含まれていても、製造工程で熱を通しますので、酵素はナシ。毎日飲んでも、酵素を補給することはできません。

ですから、酵素サプリメント「花粉エキスG63」を加えることをおススメしています。

▼花粉エキスの詳細は・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/pollen.htm>

ピンピンコロリを望まれるのでしたら、「ちょい太でだいじょうぶ」をぜひ、ご一読をおススメします。

76歳の兄が胃がんで、6月5日に胃の全摘手術をしました。
退院後の食事についてアドバイスをしました。ご参考になればと公開します。健康で長生きするために、普段の食事にプラスして頂いては如何でしょうか。
<http://www.chiffonya.com/data/12.06.01.pdf>


                         トップページに戻る               ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050