トップページ知って得する講座トマトジュースの飲み過ぎで、塩分の過剰摂取が心配?

トマトジュースの飲み過ぎで、
塩分の過剰摂取が心配?

トマトジュースが店頭から消えた!というニュースが2月18日流れました。以下は、同日の読売新聞夕刊「よみうり寸評」から抜粋転載です。

トマトが大人気だという。ナマはもちろんのこと、近所のコンビニではジュースが売り切れていた◆「トマトに脂肪燃焼効果があるらしい」との研究成果を先週末、京都大学が発表したため健康効果が注目されたようだ。発表資料には「トマトが赤くなると医者が青くなる」という欧州の古い諺まで紹介されている。確かにトマトを食べたくなる◆権威ある京大の研究だけにトマトに引き寄せられる人は多いのだろう。赤くて丸い形は食卓の彩り。甘みと酸味、旨みも魅力的だ。

米国民1人当たりの年間トマト消費量は45s。日本の5倍で、肥満者の比率は先進諸国1位。日本の10倍に達すると、よみうり寸評はメタボ効果に疑問を投げかけます。一方、食事情に詳しい松浦達也さんは、トマトジュースの飲み過ぎは塩分の過剰摂取になることを懸念されます。

大分県臼杵市で無農薬、無化学肥料で野菜を育てている赤峰勝人さんが、塩分の多い食事を摂りつづけて、高血圧になるかどうかを試されたことを、著書「ニンジンの奇跡」に書いておられますので、転載しました。

そして、浜 美枝著「子どもの「おいしい!」を育てる」から、「調味料の王様 塩の味くらべ」を転載しました。ご一読ください。

▼トマトジュース騒動 毎食200ml摂取なら塩分2.4gで心配の声
以下は、小学館のNEWSポストセブン 2月18日(土)16時06分配信より転載。

食事情に詳しいライター・編集者の松浦達也氏がニュースや著名人などに縁のある料理を紹介する「日本全国縁食の旅」。今回は全国で品薄になったトマト騒動について迫ります。

* * *
この数日「スーパーの店頭からトマトが消えた!」というニュースがテレビ、新聞、ネットなどあらゆるメディアを駆け巡っている。実際、スーパーはおろか百貨店や酒販店の店頭からもトマトジュースは姿を消し、Amazon.co.jpや楽天など大手通販サイトでも、軒並み品切れ状態。

健康にいいと報道された食品に消費者が殺到する「フード・ファディズム」がまた起きている。しかもこういう報道を見るにつけ、トマトが食べたくなるから、ますます困る。

ことの発端は2月10日、京都大学農学研究科の河田照雄教授のチームが「トマトから脂肪肝、血中中性脂肪改善に有効な健康成分を発見:効果を肥満マウスで確認」したと発表したこと。これに某通信社が「トマト、メタボ予防に効果」と言い切り型の見出しで煽ったことで一気にネット上に拡散した。

同時にテレビの情報番組などで紹介されたことでトマトジュースやトマトが品薄状態に。その状態の店頭が新聞やテレビで報道され、また品薄にというスパイラルに突入している。

ちなみに河田照雄教授は会見で「脂肪をドーッと燃やしてくれるものではない」「スリムになることを期待してもらっては困る」と念を押していたが、記事中では「河田教授は『人間の場合、毎食コップ1杯(約200ミリリットル)のトマトジュースを飲むことで同様の効果が得られる』と話している」と書かれている。

調べてみると「人間にも同じ効果があるかどうかは現時点ではわからないが、マウスに与えた成分を人間の食事に換算するとトマトなら毎食2〜4つ、トマトジュースなら毎食200mlに相当する」とは発表しているが、ざっくり意訳するとしても、「メタボで高血圧で脂肪肝の人は、トマトをたくさん摂取すると、わかんないけどいいことあるかも」レベルの話のよう。

ちなみに普通のトマトジュースを毎食200mlずつ飲むと、摂取する塩分は約2.4gとなる。WHO(世界保健機構)が提唱する塩分摂取量の目安、1日5〜6gの約半分に到達してしまう。これに塩分量3.8gのビーフカレーを一皿食べてしまうと、もう一日あたりの摂取量をオーバーしてしまうことに。ちなみに天丼、カツ丼、ラーメン、天ぷらそばなど、外食の定番メニューにはほとんどがビーフカレーと同等かそれ以上の塩分が含まれている。

「メタボ予防!」とトマトジュースの飲みすぎで、塩分の過剰摂取などということになったら目も当てられない。ちなみに「フード・ファディズム」の歴史上、トマトは「夜トマトダイエット」以来の2回目の登場。バナナ、納豆、リンゴ、寒天、ココアなどがめまぐるしく浮沈を繰り返すなか、「トマトが赤くなると医者が青くなる」というヨーロッパのことわざの通り、持ち前のタフさを見せつけた形となった?
--------------------------------------------------------------------
●市販のジュースを絞り立てのジュースにする、花粉エキスG63
<http://www.chiffonya.com/shop/pollen.htm>

▼間違った減塩思想
以下は、赤峰勝人著「ニンジンの奇跡」から転載しました。

日本では、塩をとりすぎると高血圧になるというのが、もう常識になっています。

塩は目の仇にされ、「減塩」することが健康の必須条件のようにいわれています。でも本当にそうでしょうか。

そもそも「塩=高血圧」の根拠はアメリカのダール博士が、日本の県別に食塩の摂取量と高血圧の発生率を比較調査した結果からでした。

ダール博士は一度は「塩分のとりすぎは高血圧を招く」と発表したのですが、あとになって、よく調べてみると、塩分をたくさんとっても高血圧にならない地区がたくさんあることがわかり、訂正しました。

ところが先に発表した塩のとりすぎが高血圧の原因、という情報だけが一人歩きして、世間に定着してしまったのです。

「塩が犯人」説を根拠づけるもう一つの有名なものが、アメリカのメーネリー博士が行った実験です。博士によると、10匹のネズミに普通の20倍の塩分が入った食事と、1パーセントの食塩水を6ヵ月間与えたところ、4匹が高血圧になったというのです。

この実験から塩が高血圧の犯人だといわれるようになったのですが、よく考えてください。普通の20倍もの食事を6ヵ月間も与えつづけられたのに、10匹のうち6匹は血圧が変わらなかったのです。

それなのに、なぜ少ないほうの4匹が問題にされるのでしょうか。

しかもふつうの20倍もの食塩を、たとえネズミであっても6ヵ月間も毎日とりつづけることは不可能なのではないでしょうか。

試しに自分で20倍の食塩が入った食事をしてみてください。とてもじゃありませんが、3日もつづけられないはずです。

実は私もやってみたことがあります。メーネリー博士が行った20倍の塩分をとる実験を、自分の体を使ってやってみました。濃い食塩水も飲んでみましたが、ある程度までいくと吐いてしまいます。

それに、いらない塩分のほとんどは尿になって出てしまいました。本当にネズミが食べたのか疑問だと思います。

私はさらに人体実験を続けました。植物や生き物のエキスである自然海塩が人体に悪いわけはない、というのが私の考え方でした。でもみながあまりに塩を悪者にするので、自分でわざと塩分の多い食事をつづけてみたのです。

私は血圧が120〜130です。これくらいなら少々高血圧になっても大丈夫だと思い、毎日濃いめの味噌汁と塩気たっぷりのたくあんを食べつづけました。そして血圧をはかってみたのですが、高血圧になるどころか、今もって、血圧は正常で、元気な日々を送っています。
--------------------------------------------------------------------
●赤峰勝人さんの自然海塩、なずなの塩・・・
<http://www.nazunanokai.com/solt.html>

▼調味料の王様 塩の味くらべ
以下は、浜 美枝著「こどもの「おいしい!」を育てる」から転載。

あなたの家ではどんな塩を使っていますか?
塩は、調味料の王様です。

私は、もっともポピュラーな精製塩は使っていません。
私が使っているのは天然塩です。海水から取り出した塩も、岩塩も使います。
天然塩はひとつひとつ、味が微妙に違うのもおもしろいところ。ちょっと甘いもの、苦いもの、それぞれ個性があります。
でも、精製塩をなめてみてください。深い味わいがありますか?
辛いだけですよね。
正直、おいしくありません。
私が精製塩を使わない理由はその単純な味もあるけれど、他にもっと大きな理由があります。それは、栄養面で劣っているということ。

精製塩は、塩化ナトリウムの純度が99.5パーセント。ミネラル分はほとんど含まれていません。化学物質と言っていいほどの純度です。
これに対して天然塩の場合、塩化ナトリウムの純度は90パーセント、その他の成分は微量なミネラルだと言われています。微妙な味の違いは、このミネラルのバランスの違いによるものです。

天然塩に含まれているミネラルは、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、マンガン、カリウム、セレン、モリブデン……実にさまざまです。
そして、これらの多くが、体の調整に大きく役立っています。
不足すると免疫低下をまねくことにつながるミネラルを、天然塩はちゃんと含んでいるのです。

ミネラルのこと、少しだけお話しします。

ミネラルは、人体に必要な量がそれぞれほんの少し。
でも、そのわずかな量の有無が健康に大きくかかわってくることがわかり、最近になって改めてミネラルの重要性が説かれ始めています。
ビタミン類は、ビタミン類それだけを単独で摂っても、あまり吸収されなかったりするのです。
ところがミネラルを一緒に摂ると、その助けによって、しっかり吸収されるようになります。
また、ミネラルどうしも、単独ではなく、バランスよく複数の種類を同時に摂取することで効果的に体内で働いてくれることも近頃になってわかってきました。

ミネラルはどんな働きをしているのでしょう。

たとえば、カルシウムやマグネシウムは骨を作るだけでなく、精神を安定させます。キレやすい子どもたちの食事にカルシウムやマグネシウムが不足し、しかも高脂肪、高たんぱくという特徴があるという指摘もあります。
マンガンの不足は骨や発育にも影響を与えます。
また、セレンやモリブデンの不足は、体調不良の原因にもなります。

現代の日本で暮らしていると、どうしてもミネラルが不足しがちです。
日本の土壌には元々ミネラルが少なく、その上、化学肥料などをたくさん使った結果、土地がやせてしまい、そこから採れる野菜もミネラルの少ないものになったと言われています。飲み水も、ヨーロッパなどと違い、軟水でミネラルは多くありません。

そこで、おすすめしたいのです。
天然塩を使ってみませんか、と……。
やわらかな辛さが、料理をおいしくしてくれますし、ミネラルもたっぷり。
浅漬けもおいしくできます。肉も魚も野菜もおいしくいただけます。
辛さだけでなく、天然塩は素材の甘みを引き出してくれます。
塩の味の違いは、子どもにもわかるはずです。
「これがどこどこの塩の味よ」
と教えなくても、舌がちゃんと記憶していってくれるでしょうから。
塩の味がわかる子どもは、本物とそうでないものの味を判断できる大人に育ってくれます。

ちなみに、塩の種類は数限りなく、枚挙にいとまがないのですが、粒子の大きさ、状態によっても天然塩の使い道は異なります。
若干湿った感じの天然塩は、漬物や焼き魚、ドレッシングなどに向きます。
たとえば、最近流行の、粒子が細かくてサラサラのピンクがかった塩は、ミネラルを豊富に含み、肉、魚や野菜などあらゆる料理を引き立ててくれます。
テーブルソルトにも最適です。
噛むとカリッとした食感が感じられる大きさの塩は、パスタをゆでるときに重宝。ステーキやローストビーフの仕上げにも使うと、ほんの少しだけ歯ざわりが残っていい感じです。
--------------------------------------------------------------------
●おいしくて、本当によい塩は自分でも簡単に作れる!・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/howtocalmax.htm#b>

トマトは野菜ですか?それとも果物ですか?

英語で「1日1個のリンゴは医者知らず」と言いますが、果物の王様はリンゴ。野菜の王様はニンジンです。

ガンの代替治療であるゲルソン療法では、1日2000tのニンジンジュースの摂取が必要とされますが、日常の健康法としてなら、ニンジン3分の1でも毎日摂りつづけることが肝要です。
●にんじんとかぼちゃを主にした、すっきりした味のジュース・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/juice.htm>

赤峰勝人さんが「ニンジンから宇宙へ」の「第2章 塩の話」で、「自然塩を愛して、砂糖を憎んでください」と訴えられていますが、世界的に権威がある学術雑誌「Nature」に「砂糖は、煙草並みに人体に有害」という記事が掲載されました。そこには、肥満や心臓病、がん、肝臓病など、砂糖を多く含んだ食べ物がもたらす危険性があげられています。
<http://topics.jp.msn.com/wadai/rocketnews24/column.aspx?articleid=865353>


                         トップページに戻る               ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050