トップページ知って得する講座オメガ3(n-3系)脂肪酸が豊富な秋サバ!

オメガ3(n-3系)脂肪酸が豊富な秋サバ!

年中出回っているサバですが、秋からは脂がのって特に美味な時期です。この脂にはオメガ3脂肪酸が豊富です。

それでは、辰巳芳子さんの鯖の味噌漬けのレシピを紹介します。以下は、2011年9月15日発行のクロワッサン特別編集「免疫力をアップする、発酵食のすすめ」より転載。

魚も肉も卵も、旨みをぎゅーっと凝縮してくれる。
味噌の力を自在に引き出せる人に。・・・辰巳芳子

「味噌漬けを作るときは、2度は使うようにしなければ。魚を焼酎で洗うのは、そういう意味があるの」下では、いきなり鯖を漬けたが、まずは、白身魚を漬けたほうがよい。「白味噌に好みの中辛味噌を加えて白身魚を。あ、これも漬ける前に焼酎で洗うのよ。この手間が肝心。鯖などの青背の魚は、2度目の味噌でいい」一度漬けた味噌に酒を加えて練り直し、静かに火を入れる。冷まして、さらに中辛味噌を合わせればよい。

鯖の味噌漬け
<作り方>
(1)鯖の切り身にはあらかじめ生姜の汁をふっておき、さらに漬ける前に焼酎で洗い、布でふいておく。
(2)甘酒を弱火にかけ、ねっとりするまで煮詰める。
  ※甘酒を煮詰めたものは、ヨーグルトのソースにしても美味。
(3)中辛味噌と(2)の甘酒を、3対1の割合で混ぜ合わせる。
  ※中辛味噌に混ぜることで、味の深さとまろやかさが加わる。
(4)保存容器に、(3)の味噌をしき、清潔なガーゼ、(1)の鯖、さらにガーゼ、最後に味噌の順番に重ねて漬けてゆく。
  ※味噌→ガーゼ→鯖→ガーゼ→味噌、の順番に漬けてゆくと、取り出すときも汚れない。
(5)3日ほどが食べごろ。その日に食べなくても、鯖は取り出して保存する。

--------------------------------------------------------------------
オリーブオイルはオメガ9。亜麻仁油はオメガ3。そして、揚げ物に使っている油はほとんどがオメガ6。オメガ3に対してオメガ6の摂取過多の食生活。これがアトピーなどの原因。

油の望ましい摂り方は、加熱調理にはオリーブオイル、サラダには亜麻仁油。そして、オメガ3:オメガ6=50:50 が鉄則です。

揚げ物を控えて、青背の魚を食べるとよいのですが、魚嫌いな方は、亜麻仁油をサラダに、野菜ジュースに加えて摂ることをおススメします。亜麻仁油のお求めは・・・
<http://www.chiffonya.com/shop/flaxseedoil.htm>

辰巳芳子さんがおススメの甘酒「まるや天賞」にアクセスしますと、このたびの震災で営業中止していました。<http://www.tensho-maruya.co.jp/>

で、お時間があれば、ご一読を!
日経ビジネスオンライン2011年10月5日 フクシマの視点「足湯が溶かした2500人の張り裂ける思い」
<http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20111003/222970/>


                         トップページに戻る                  ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒678-0172 兵庫県赤穂市坂越1331-1 tel:0791-56-5377 fax:0791-56-5378