トップページ知って得する講座こだわりのチョコか、チョコ募金か

こだわりのチョコか、チョコ募金か

鎌田 實の見放さない「限りなき愛を世界へ」イラク少女の弔い合戦 読売新聞1月23日朝刊より転載

悲しいメールが入った。

「アーシャが亡くなりました。脈が速いなと思っていたら、心臓が急に止まりました」

昨年7月、北イラクのアルビルにあるナナカリ病院で医療支援をしている川添圭子看護師からだった。

心電図のモニターがないなかで、心臓マッサージをしたが、アーシャの心臓は再び動き出さなかった。周りの人たちが「神様が連れていったんだよ」と慰めたが、お母さんは「アーシャ!」と狂ったように叫んだという。アーシャは、まだ7歳だった。

イラクでは、アーシャのように白血病になる子どもが増えている。そして、多くの子どもが感染症や、血小板減少による出血で亡くなっている。日本ならば、ほぼ防ぐことができるのに、とても残念だ。

ぼくたちの日本イラク医療支援ネットワーク(JIM−NET)は、六つのNGOと二つの企業で構成する国際医療ボランティアのグループだ。信州大や長崎大の医学部にも協力してもらっている。これまで、イラクの五つの小児病院に毎年4000万円前後の医療品や医療機器を送り、現地の医師や看護師の教育を行なってきた。

昨年1年間は、川添看護師が中心になり、感染症対策の基礎トレーニングの指導を行った。昨年秋には5日間、バクダッドやバスラの危険な地域の小児白血病センターの看護師たちをアルビンに集め、感染症対策の研修会を行なった。

今年は、もう一つの原因である出血対策に取り組もうと予定していた。抗がん剤治療していると、血を止める役割をしている血小板の数が減少するため、血小板輸血が必要になる。各地区の小児白血病センターで、血小板輸血ができるようにしたい。アーシャの訃報は、その矢先であった。

JIM−NETでは、5年前から新しい募金「限りなき義理の愛大作戦」を始めた。アメリカの軍事作戦「限りなき正義」の向こうを張って、ぼくらは平和を守り、子どもの命を救うための大作戦に打って出たのだ。

日本ではバレンタインデーに義理チョコを配る人が多い。ある調査によれば、今年、女性1人当りのチョコレートの購入額は約3200円だとか。どうせなら、哲学のあるチョコを選んでもらいたいと思った。チョコの収益が、イラクの子どもたちの薬代になる。

チョコレートは、北海道のメーカーに原価で協力してもらった。1年目は5382個を売り上げた。毎年、目標を少しずつ増やし、今年は12万個を用意している。毎年募金に協力してくれるリピーターも多くなった。

今年のチョコレートの缶にプリントされた絵は、昨年7月、アーシャたちが描いてくれたものだ。缶は、埼玉県草加市にある従業員3人の製缶工場が「2か月分の仕事。この不景気にありがたい」と、心をこめて作ってくれた。梱包と発送は、川崎市の知的障害者援護施設「KFJ多摩はなみずき」の皆さんがやってくれている。弱い人たちが、あたたかな連鎖をおこしている。

アーシャを忘れないでほしい。アーシャは助からなかったけれど、アーシャのような子どもたちを助けるために、応援をお願いします。アーシャちゃんの弔い合戦だ。

今年のぼくの目標は「強くて、あたたかくて、やさしい国、日本」。貿易立国として、世界と競争して負けない国でありながら、どこの国よりもあたたかくて、やさしい国、日本を世界にアピールしていこうと思う。

ご注文はhttp://www.jim-net.net/ か、電話03‐3209‐8177。

「イラクの子どもたち 命の絵画展」(2月4日〜9日、東京有楽町のギャラリー日比谷)の会場にもチョコを用意します。

(かまた・みのる=長野・諏訪中央病院名誉院長)
--------------------------------------------------------------------

チョコ募金は、申込み後に送られてくる「チョコ4缶&カード4種」の1セット2000円に同梱されている郵便振替用紙で入金します。

メールフォーム、e-mail、FAX、郵便による申し込みは、1月24日午前0時で締め切られていますが、電話による申し込みは引き続き行なわれています。

1セット申込みの場合、送料100円加算で、2月2日(水)12時の申込みで1週間後のお届けでした。

チョコ募金専用ダイヤル:03(3209)8177 (平日午前9時〜午後6時)
チョコ募金の詳細は・・・・・
<http://www.jim-net.net/>

白岩先生のタブレット(板チョコ)は絶品です(^^♪

白岩先生のバレンタインギフトは、以下の百貨店でも取り扱っています。
阪神百貨店(大阪)、阪急百貨店(本店を除く阪神地区各店)、伊勢丹百貨店(京都)、京急百貨店(横浜)、名鉄百貨店(名古屋)、近鉄百貨店(和歌山)、一畑百貨店(松江)、井筒屋(山口)、岩田屋(福岡)

バレンタインギフトのオンラインショップはこちら!
<http://www.la-pierre-blanche.com/boutique/index5.html>


                         トップページに戻る                  ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050