トップページ知って得する講座ダイエットにも、アンチエイジングにも有効な食事法とは?

ダイエットにも、アンチエイジングにも
有効な食事法とは?

昨年の12月21日放送のテレビ朝日「素敵な宇宙船 地球号」の「100歳のヒミツ〜長寿遺伝子でアンチエイジング〜」は、97歳で現役医師の日野原重明さんを、石原良純さんが訪ねた内容でした。
<http://www.tv-asahi.co.jp/earth/>→「バックナンバー」→「2008年」
2008/12/21 [第554回]「100歳のヒミツ」(日本/アメリカ)

その日野原先生と劉影日本未病医学研究センター所長との共著の「病気にならない15の食習慣」という本があります。その中で、日野原先生は「私がこんなに元気でいられるのは、何を食べたからというのではなく、むしろ食べなかったからではないか、そう思うことがあります」と書かれています。

20代で日中戦争、30代では太平洋戦争を経験されているわけですが、その時代は食料がないものだから、粗食を通す以外に方法はなかった。その後、飽食の時代になっても、過食に走ることなく粗食の習慣を守り続けるのがよかったようです、と述懐されています。

マウスの実験では、エサを制限せずに食べさせているマウスの65%程度のカロリーを与えると、寿命が延びることが明らかになっています。老化の研究をしている学者の共通した認識は、老化をしない食事のポイントは食べ過ぎを防ぐことにある、ということです。

老化や寿命にかかわる反応経路をコントロールしている長寿遺伝子ともいうべきサーチュインという遺伝子は、カロリー制限でスイッチONになることが分かってきました。サーチュインのサーの部分は「サイレント・インフォメーション・レギュレーター」の略で、遺伝子の動きを静かにしておく役割をもった遺伝子群ということです。

ところで、遺伝子情報が書き込まれているDNAにはヒストンというタンパク質が巻きつき、遺伝子の重要な情報を保護しています。その中で強く巻きついている部分の遺伝子は「サイレント=静か」な状態になり、巻きつきをゆるめた部分にある遺伝子は解き放たれて活発に働き始めると考えられています。これが「遺伝子が発現する」すなわち「遺伝子のスイッチがONになる」という意味です。こうしてカロリー制限すると、サーチュインがスイッチONになり、寿命が延びることが明らかになったのです。

1月21日放送のNHK「ためしてガッテン」“低カロリーダイエット 失敗と成功の分岐点”はご覧になりましたか。

低カロリーの“天国と地獄”を分けるのは、脳にある「スイッチ」=「飢餓に備えろスイッチ」で、スイッチがOFFになっていれば、ダイエットでカロリーを減らすと、エネルギーが不足する分は蓄えた体脂肪が燃やされ、ダイエットに成功するというものでした。

武庫川女子大学の小西すず准教授が指導する食事法のポイントは、食事に含まれるたんぱく質:脂質:糖質=20:23:57の割合の、脳のエネルギー源である「糖質のカロリーをおおよそ6割」にすることと、「糖質の摂り方」です。

その摂り方とは、ご飯と一緒に、野菜などの繊維質や消化吸収が遅いおかずを食べることで、「飢餓に備えろスイッチ」がONにならなくなるのだそうです。

長寿遺伝子「サーチュイン」のスイッチがONになり、「飢餓に備えろスイッチ」がOFFになる、カロリー制限(低カロリーまたは少食=粗食)の食事法が、ダイエットに有効で、究極のアンチエイジングになるのです。
<http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2009q1/20090121.html>

--------------------------------------------------------------------

ダイエットにも、アンチエイジングにも有効な食事法とは「カロリー制限」の食事なのですが、そのことは酵素栄養学からも望ましいものです。

酵素の量は人それぞれに一生の生産量が決まっていて、限りある酵素をいかにうまくやりくりするかが、その人の寿命を左右するわけです。人間の体内で作られる酵素は、消化酵素と代謝酵素の2種類がありますが、消化酵素を使い過ぎれば代謝酵素は不足気味になり、消化酵素を浪費しなければ代謝酵素は十分に体内で生産されるようになります。

従って、消化酵素を節約する最善の手段は、食べ過ぎ、飲み過ぎをしないで「腹八分目」を心がけ、酵素たっぷりの食事「生で食べること」が肝要です。


                         トップページに戻る                  ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050