トップページ知って得する講座認知症予防にリブレフラワー!

認知症予防にリブレフラワー!

フェルラ酸というのはポリフェノールの一種で、玄米(米ぬか)に多く含まれています。このフェルラ酸にアルツハイマー病の認知機能を低下を抑える効果があることが報告されました。
以下は、2008年10月27日の朝日新聞から転載したものです。

--------------------------------------------------------------------
米ぬかから抽出された天然のポリフェノールのフェルラ酸に、アルツハイマー病患者の認知機能の低下を抑える効果がある、という臨床試験結果が26日、和歌山市であった国際シンポジウム「コメと疾病予防」で発表された。これまでも各種ポリフェノールやビタミンなどの認知症の改善・予防効果が報告されているが、フェルラ酸の臨床試験で効果が確認されたのは国内で初めてという。

発表したのは中村重信・広島大名誉教授(現・洛和会京都治験・臨床研究支援センター所長)。5月まで続けられた試験には、神奈川県や岡山県などにある八つの認知症の医療機関が参加、アルツハイマー病の通院患者143人とその家族の協力を得て、フェルラ酸入りの健康補助食品(ANM176)を9カ月間投与した。

試験前と試験開始から3カ月ごとに、認知機能検査を行った。症状の変化を得点に換算して調べるやり方で、軽度、中度、重度の三つのグループに分けて調査した。

アルツハイマー病患者の認知機能は通常、時間の経過とともに低下し続けるのに、軽度のグループは試験終了時まで改善の状態が続き、中度のグループも6カ月後まで改善の状態が続いた。重度のグループは3カ月後まで横ばい状態で、その後は低下した。
--------------------------------------------------------------------

ですから、認知症予防のために玄米食にすることが望ましいのですが、それが難しいようであれば、「ブラックジンガー」や「リブレフラワー」を利用されるのも一法です。ただ玄米食のように食習慣化されなければ予防効果を望めません。

--------------------------------------------------------------------
酵素はどのような食品にも含まれるものですが、熱処理、添加物、残留農薬、ミキサーなどによって大幅に減少します。はたらきも弱まります。その結果、現代人はさらに体内の酵素を強く消費しているのです。出来るだけ自然の、昔ながらの発酵食品を常食するよう心がけたいものです。

玄米全粒粉は、発酵食品としても非常にすぐれています。身土不二がむずかしくなってきた現代の日本人には、まさに毎日とりたい食品です。

(注:身土不二とはその土地のもの、その季節のものを食せよの意)

たとえば「リブレフラワー」のホワイトタイプを水につけると、発酵することがわかっています。これを利用して、糠床に混ぜて使うと、おいしい糠漬けができます。料理に使って食べれば、腸内ですばらしい発酵状態をつくり、消化はより円滑になり、血液は浄化されて慢性病は消えていくでしょう。
--------------------------------------------------------------------

と「玄米粉食健康法の奇跡」の中で、鶴見隆史先生が仰っています。すなわち、プログリーンズに含まれる穀類の若葉のように、リブレフラワー・ホワイトの玄米はまだ生きています。つまり、リブレフラワー・ホワイトは生の食品といってよいでしょう。

リブレフラワー・ホワイトに、より完全な植物性タンパク質(プロテインスコアーが高い)にし、おいしくするためにブラックジンガー黒大豆をブレンドして、フィチン酸によるミネラルの損失を補うためにカルマックスを希釈した水を、リブレフラワーホワイトの酵素を殺さないようにぬるま湯にして溶いて、毎日おいしく飲むことが、認知症の予防、ひいては病気を遠ざけることになります。

リブレフラワー・ホワイトは<http://www.chiffonya.com/shop/rible.htm>
ブラックジンガー黒大豆は<http://www.chiffonya.com/shop/blackzinger.htm>
カルマックスは<http://www.chiffonya.com/shop/calmax.htm>


                         トップページに戻る                  ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050