トップページ知って得する講座太らない体になる「ロー・フード」酵素ダイエット!

太らない体になる
「ロー・フード」酵素ダイエット!

吉川珠美著「生で食べる 太らない体になるロー・フード酵素ダイエット」から、「果物ジュースの効果は1週間め、1か月めそして1年後にわかる」と「メタボだった友人は毎朝の果物習慣だけで、1年に10sの減量に成功!」を転載しました。

--------------------------------------------------------------------
朝に果物をとるだけで食事量のロー・フード率は30%になりますが、では、どれくらいの期間で効果が出はじめるのでしょう。

先ず目安になるのは、1週間め。

食べはじめてすぐは、もの足りなさを感じたり、お昼までにおなかがすいてしまうことがあるかもしれません。今まで、パン&ハムエッグや、ご飯と焼き魚などのメニューで、しっかりと脂肪分も多い朝食をとってきた人は特にです。けれど、じっとこらえて果物だけの朝食を続けていれば、じきに、頭がというより、体がロー・フードの心地よさを受け止め出すはず。栄養が満たされた感覚が伝わってきて、満腹時の苦しさも空腹時のイライラも忘れてしまいます。

次の段階は、早い人なら1ヶ月めくらいに訪れるでしょう。

実際の体型と体重が変わってきます。服がゆるくなったり、排便がスムーズになったり、うれしい出来事も起こると思います。ただ、それまでの食事習慣によって、効果の出るスピードは異なりますが・・・太めの人は、効果が早いようですよ。1ヶ月経って痩せられなくても、あせらず続けて下さいね。

そして、1年継続した頃。

“素”の自分がとり戻せていることに気づくでしょう。素とは、本来あるべき姿。健康で元気な自分が目を覚ますということです。ロー・フードは、生きた食べもの。それ自体にバイタリティーがあふれているわけですから、嗅覚や味覚などの五感もみがかれて、きっとたくましさも身につきますよ。

素の自分を知ると、心の奥にある声も聞こえるようになります。すると、季節や忙しさ具合によって変わる、体調悪化の前ぶれさえキャッチできるようになる。私はヘルペスが出来やすい体質ですが、今は、できる前にその信号を受けとれるようになりました。前ぶれがあれば、“酵素”が体にたまるまで睡眠を多くとり、お酒をひかえようなどと予防もできます。
--------------------------------------------------------------------
友人であるT・Aさんは、46歳の男性。1年前までは、身長1m75cm、体重83sでした。その数字から想像されるとおり、グルメな食生活をおくり、お酒も大・大好きで、大いに飲む!元気ではあるけれど、話題のメタボリック症候群に近づいているのでは?と心配されていたことも事実です。

そんな彼が、ロー・フードを食生活にとり入れ始めました。

実践メニューは・・・。

朝食:果物にお酢とトマトジュースを混ぜたジュース。具たくさんの味噌汁。
昼食:普通に外食。
夕食:自宅もしくは仕事での会食。

アルコールの制限はしませんでした。会食時は相変わらず飲み、運動もせず、ただし、日曜日は朝・昼食時にジュース+味噌汁や果物で通すように徹底したそうです。

で、1年続けた結果は、体重11s減!尿酸値8.0から6.7に改善!

風邪を引かなくなったばかりか、昔のスーツがぶかぶかで着られないといううれしい悲鳴も。駅の階段をラクラク駆け上がるほどの体力をとり戻しています。職場でも、そのスッキリボディが同僚の視線をクギづけにしているそうですよ。

38歳の男性であるもうひとりの友人J・Mさんも、次のメニューで痩身しました。

朝食:プルーンジュースと果物と納豆
昼食:外食。おそばが多い。
夕食:刺し身+たっぷりのサラダが定番。ご飯はほんの少しだけ。

最初の3ヶ月は夜にジョギングもしましたが、走っている途中でたびたび職務質問され(怪しげだったのかな?)、あえなく断念。その後は、もっぱら食事にのみ気を配って、半年で84.8sだった体重が73.4sになり、体脂肪率も24%から18%に減。高めだった眼圧が正常に戻り、腰痛もすっかりなくなって、はけなかった学生時代のジーンズまではけるようになったというのですから、お見事!
--------------------------------------------------------------------

鶴見隆史先生の健康メニュー例では、朝食は・・1〜2種類のフルーツ、ダイコン・カブ・ショウガ・ニンジンをおろしたもの(または生野菜少々)、ブラックジンガーティーです。

ブラックジンガーの詳細は↓↓↓こちら!
<http://www.chiffonya.com/shop/blackzinger.htm>

「ちなみにメタボリック(Metabolic) は「代謝」を意味します。メタボリック症候群を訳すと「代謝異常症候群」という意味です。つまりこの名前ほど、酵素に関係ある名前はないといえます。代謝酵素の不活性化症候群こそ、メタボリック症候群なのです。酵素をたっぷり摂る食生活に変えれば、体重や腹囲のコントロールはもちろん、体内の代謝を正常に戻していく効果も期待できます」と鶴見隆史先生は仰っています。

酵素ダイエットをすることで、望ましい食習慣になればいうことありません。


                         トップページに戻る                  ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050