トップページ知って得する講座ベートーベンの朝ごはん!

ベートーベンの朝ごはん!

以下は、魚柄仁之助(1956年生)著「冷蔵庫で食品を腐らす日本人」の締めくくりの項「冷蔵庫の扉を静かに閉める」からの転載です。

--------------------------------------------------------------------
50歳になった頃、友人宅の巨大な冷蔵庫の扉を開けてみてボーゼンとしてしまった。よくぞこんなにたくさん詰込んでるもんだと。冷蔵はもちろん冷凍庫もぎっしり満員。その他に冷凍専用が1台、小型冷蔵庫が1台あって、これもまた満杯ときた。スーパーから遠いわけでもないし、1日1回の買い物ができないほど忙しくもない人なんだが・・・。

あの日、友人宅で冷蔵庫の扉を開けた時から、魚柄仁之助的食環境の50年史の検証が始まりました。

今日の日本では、冷蔵庫も、おうちの中も、はてはトランクルームまで、ものをぎっしり詰めこんでおるように思えます。あんまりものを買わない私のウチなんざ、冷蔵庫同様スカスカですわ。だって食糧や人口問題、環境や資源の問題を考えると、必要なだけの食べ物があればいいと思うし、新たな資源を使ってものを生産するより、今あるものに手を加えながら暮らす方がいいと思う。それは不便でありヤセがまんであるととられるかもしれんが、自分としては確信犯的スガスガしさを感じておるのです。

―――中略

1990年、講談社から出した『「笑って死ねる」安全食実践講座』という本の中に「ベートーベンの朝ごはん」という項があります。かの名曲。交響曲第九番の歓喜の歌を分析したものでした。「歓喜の歌」は、単調なリズムと変化の少ない旋律をくりかえし演奏していくうちにだんだんと盛り上がり、最後には感きわまるくらいの感動をうける歌です。出だしは単調そのものなのに、フィニッシュでは大感動。なんでやろ?そう思って曲を譜面にとってみたところ、音符の90%が4分音符だからリズムは単調になりますな。そしてメロディの方は次の音に移る時、音階どおりの1音上か、1音下か、または同じ音、この連続でして、2音下に移るのが2ヵ所、4音下に移るのが1ヵ所、5音上に移るのが1ヵ所しかなかったです。ところが、変化の少ない音の移り方をとことん続けておると、2音、4音、5音離れた音への移動はものすごくダイナミックに感じるものなんですね。

こう分析したのが35歳の頃でしたが、これこそ食生活や暮らし方の極意ではなかろーか、と思ったんでした。毎日の食事も服も、行く所もそんなに変化をつけなくていいんだと。

退屈に見えるような日常でいいんだと。そしてたまーにちょっと違ったものを食べ、ちょっとおしゃれなかっこうをし、ちょっと違った所に行くと、それが大きな変化に感じられるんだと。

質素に慣れた者は、たまのゼータクで大感激をするもんです。たまに飲む大吟醸だから「シヤワセー」なんであるのです。

接続可能な食環境って、ささやかな幸福感を知るってことなのかもしれない。巨大冷蔵庫の扉を開いて丸1〜2年、ささやかな幸福感にひたりながら、おいさんは小さな冷蔵庫の扉をそっと閉めるのでした。

転載しました「ベートーベンの朝ごはん」の中略に、2006年8月31日付日本農業新聞の論説を参考にしましたという一文があります。
--------------------------------------------------------------------
欧州で欧州連合(EU)に加盟しないガンコな国、ノルウェー。石油資源があるからお金はたっぷりある。しかし北極圏にあり、農地は国土の3%しかないそうだ。それでも農家は大麦や飼料作物を作る。もしEUに加盟したら、こんな小さな農業じゃ国際競争に勝てっこないです。自国の農業や文化を守るため、EUにも入らず、外国の安い食糧の恩恵も拒んでいる。物価は高く、オスロでは出来合いのハンバーガーが2000円だったそうだ。
--------------------------------------------------------------------

ファーストフードを代表する米国のハンバーガーチェーンのマクドナル社が、「ローマの休日」でも有名な、イタリアの象徴ともいうべき場所、スペイン広場への出店が切っ掛けで、「スローフード」という考えがイタリアで生れました。ノルウェーもイタリアも「食」に対する「頑固さ」を感じます。でも、その頑固さが、食の伝統を受け継ぎ、自国の農業を守ることになるのではないでしょうか。

冷蔵庫の巨大化が崩食を呼び寄せたといわれる、魚柄仁之助さんの「冷蔵庫で食品を腐らす日本人」を是非、ご一読下さい。


                         トップページに戻る                  ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050