トップページ知って得する講座完全食品の花粉をお弁当に???

完全食品の花粉をお弁当に???

昼食は家から出勤してくる人も単身赴任者も同じものを食べているようだ。たいてい6百円から千円程度の定食で済ませている人が多い。

なぜかわが国では昼食が軽視されていて、お腹がただふくれればよいという食事になっているのだが、単身赴任者はそれに是非とも弁当を加えるべきだと私は思う。

弁当といっても現代的な弁当である。昔は弁当といえば主体がご飯で、それに梅干しといわしの丸干しと沢庵のついたものが標準だった。それで弁当というとすぐにご飯が連想されるのだが、現在ではご飯をわざわざ持ち歩く必要はなくなっている。持ち歩かなければならないのは、6百円なり千円なりの昼食にプラスする微量栄養素である。そういう食事には、カロリーばかりがあって微量栄養素が欠けているからだ。

では何を弁当にしたらいいのかというと、私がすすめるのは花粉である。これは一さじ食べればよいので、実は持ち歩く必要もない。会社のデスクの抽出しに一瓶入れておけばよいのである。

蜜蜂の精力的な活動を支えているのはこの食料だが、いかにそれが驚異的な栄養組成を持つものであるかが、分析結果として示されたのは近年のことである。

分析の結果、実に96の成分が明らかにされ、すべてのビタミン、27種のミネラル、22種のすべてのアミノ酸、18種の酵素などを含む完全食品であることが分かった。

完全食品とは必須栄養素のすべてをふくんでいる食品のことで、それだけ食べていれば生きていけるものである。現実にはなかなか完全食品は存在しないけれども、花粉はほぼ完全な完全食品だったのである。

しかも、必須栄養素以外に18種類もの酵素がふくまれていて大いに消化が助けられる。これこそまさに単身赴任者が弁当として携えているべきものだろう。

外食が多くなれば欠落する栄養素がでてくるし、だからといってそれを補う家庭料理に日々接することのできないのが単身赴任者である。そういう人にとって花粉は栄養素の凹みを埋めてくれる便利な補助食品なのだ。しかもこれはただ一さじ口のなかに放りこむだけでよい。
丸元淑生著「システム自炊法 シングル・ライフの健康は、こう守る」より

日本では花粉関連の食品といえば、以前から「ビーポーレン」として販売されていますが、花粉は二重の強固な殻からできており、強い耐酸性と約300度でも破壊されない耐熱性のために、それ自身を食しても、ほんの少ししか消化、吸収することができません。またビーポーレンには様々な汚染物質や花粉アレルギーの原因物質が付着していることから、好ましい食品とはいえません。

そのような強固な殻からできている花粉の中にある栄養物を損なうことなく、特殊な技術を駆使して取り出したものが、グラミネックス社の「花粉エキスG63」です。

丸元先生の「システム自炊法」は、1987年6月、中央公論社から発刊されたもので、20年前のことになります。ですから、「完全食品の花粉を弁当に」の花粉は「ビーポーレン」ということになります。消化、吸収が悪い「ビーポーレン」ですから、酵素は胃酸で破壊されることなく腸に達するとして、お昼のお弁当にオススメになったのでしょう。

花粉エキスG63のパンフレットには、おそらく丸元先生がお書きになったのだと思いますが、「朝食前に、付いているさじ1杯(約1g)を「プログリーンズ」と一緒に摂ると最高の“朝食前の1食”になります。」と記されています。

3月30日のメルマガで紹介しましたが、石原結實先生は、朝食―ニンジン・リンゴ・塩ジュース、昼食―そば、夕食―好きなものを好きなだけが、胃腸に負担をかけない食べ方だといわれています。

鶴見隆史先生によれば、酵素栄養学では、朝は「排泄」の時間です。ぐっすり眠っている間は、体内の消化器官も消化酵素も眠っており、起きてすぐに消化酵素を多量に必要とする加熱食を食べれば、体に大きな負担をかけます。だから朝食には1〜2種類のフルーツ、大根、カブ、ショウガ、ニンジンをおろしたものか生野菜少々。そして生野菜や果物による冷え対策にブラックジンガーティー。昼と夜は何を食べてもかまわないのですが、必ず生野菜サラダをつけるようにしたいものです。大体の目安として、朝は生ものを9割、昼6割、夜は最低でも3割は摂るように心掛けましょうと仰っています。

石原先生や鶴見先生の仰っていることを簡単に実行できる方法は、朝食を(プログリーンズ+花粉エキスG63+カルマックス水)か、(国産野菜と国産果実のミックス+花粉エキスG63)+(ブラックジンガー+カルマックス水)に、先ず、することではないでしょうか。

・プログリーンズは<http://www.chiffonya.com/shop/progreens.htm>
・国産野菜又は国産果実は<http://www.chiffonya.com/shop/juice.htm>
・ブラックシンガーは<http://www.chiffonya.com/shop/blackzinger.htm>
・カルマックスは<http://www.chiffonya.com/shop/calmax.htm>
・花粉エキスG63は<http://www.chiffonya.com/shop/pollen.htm>


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050