トップページ知って得する講座EPA、DHAが不足すると何が起きるか!

EPA、DHAが不足すると何が起きるか!

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は食事で摂らなくてはならない必須脂肪酸で、それぞれ数種類あります。このうち人体内で作り出せないのは、代謝の出発点となるオメガ3はαリノレン酸(フラックスシードオイル等)、オメガ6はリノール酸(植物油等)です。

魚の脂肪に多く含まれているのはオメガ3ですが、魚はプランクトンの含んでいるα・リノレン酸を代謝してその脂肪酸を作り出していて、特にEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)を高率含んでいます。 ですから、魚を食べれば体内で作り出さなくてもEPAやDHAが直接摂れることになるわけです。

体は脂肪酸を原料にして、自律神経系、内分泌系(ホルモン)と並ぶ、第3の調節系であるエイコサノイドと総称される調整物質を作り出しています。

1グループは、オメガ6のリノール酸の孫にあたるジホモγリノレン酸を原料に作られるエイコサノイド、2グループは、リノール酸の曾孫、アラキドン酸を原料にするもの、そして3グループはオメガ3のEPAから作られるエイコサノイドです。

その仕事を簡単にいいますと、体の中の様々な生理作用のつまみを正しくチューニングすることです。1グループが作られますと、たとえば血液の固まりやすさを調節するつまみが、固まりにくいほうへ回されるのです。
1グループとも3グループとも相反する働きをするのが2グループです。

肉や乳製品を食べるとかなりのアラキドン酸が摂れます。そのうえ、植物油からもアラキドン酸が多く作られます。つまり、現代の食事をエイコサノイドの原料としてみますと、アラキドン酸が突出して多いという不均衡が生まれているのです。

こういう食事は3グループの産出を悪くして、調節系を狂わせることになります。3グループは、2グループと相反する働きをするだけでなく、2グループの産出の抑制もしていますので、3グループが不足しますと2グループがノーチェックでつくられるようになるのです。

2グループは、血管を収斂させて血圧を高める、炎症を激化させる、免疫反応を抑制するなど、みな悪い方向への調節なのですが、なぜ体はこういう調節機能を備えているのでしょうか?

ジャングルに生活していて、つねに闘うか逃げるかという決断を迫られている人がいたとしたら、それは重要な機能なのです。

逃げるにしても闘うにしてもエネルギーの必要量が急増するのですが、そういう局面では体は血圧を高めて必要とする組織により多くの酸素を送り込んでやらなくてはなりません。炎症反応は傷ついた組織への血液の供給量を増やして傷の治りを早めます。闘うか逃げるかの場面では、体は一時免疫反応を低下させてエネルギーを闘うか逃げるかのために使わなくてはならないからです。

2グループ優勢の、肉や乳製品、植物油が過剰な食事は、花粉症やアトピーの場合でしたら炎症が治まるのでなく激化するという方向への調節になります。そして、調節系を狂わせるだけでなく、子供の脳への影響も心配されています。オメガ3はその成長と発達に欠かせない栄養素で、DHAは網膜と脳の発達に重要な役割を持っているからです。

ですから、妊娠中、授乳中の母親は、特に青魚をしっかり摂る食事が求められるわけです。


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050