トップページ知って得する講座プロバイオティクス食品は健康保つ優れ物?

プロバイオティクス食品は健康保つ優れ物?

8月15日の読売新聞夕刊に「健康保つ優れ物、プロバイオティクス食品」として明治乳業の「明治プロビオヨーグルトLG21」、カゴメの「植物性乳酸菌ラブレ」やユニークな商品として、フレンテの「クリッシュ」、オハヨー乳業の「ファンケル青汁のむヨーグルト」、日本ミルクコミュニティの「恵 megumi」が紹介されていました。

その記事によりますと、発酵にかかわる微生物の研究が進み、人体に有益な細菌を含んだ「プロバイオティクス食品」が続々と登場し、ブーム化しているということでした。

新谷弘美先生の「病気にならない生き方」によりますと、「私がこうしたヨーグルト神話≠ノ疑問を感じるのは、臨床現場では、ヨーグルトを常食している人の腸相がけっしてよいものでないからです」と仰っています。

コーカサス地方に住んでいる人たちは自然に恵まれた環境で、添加物が含まれていない食事をし、化学物質に汚染されていない水を飲み、毎日ヨーグルトを食べているので、腸内バランスが整い、結果として長寿でいられると説明されています。

人種的に同じの東西ドイツ人に対して大掛かりな疫学的調査が行われました。

東ドイツは比較的に食生活はあまり変化がなかったし、抗生物質もそれほど使用されることはありませんでした。ただ、工場や車から排出されるガスで大気汚染は西ドイツよりひどい状態でした。

一方の西ドイツは日本と同様に衛生状態が大幅に改善され、加工食品が発達し、それにつれ食品添加物が多用され、抗生物質も同様に頻繁に用いられてきました。

東西ドイツ統一後に行われたアレルギー発症の差を疫学的に調査した結果、判明したことは医療、大気汚染対策などの進んでいる西ドイツの方が花粉症、アトピーなどの免疫疾患に罹っている人の割合が圧倒的に多いことでした。

ここから推測されることは、私たちの体で最も大きい免疫系である腸管免疫に何か問題が生じているのではないかということです。

すなわち、腸内環境、腸内フローラ(細菌叢)のバランスが悪くなりやすい状況、食生活になっていることで、プロバイオティクス食品の1〜2種類の乳酸菌を摂取したことで改善できるとは思われません。

新谷弘美先生が仰られるように、ミラクル・エンザイムの消耗を防ぐ生活習慣と良い水を飲み、エンザイムの多い食べ物を食べることに尽きます。

でも現代社会では、情報過多でありながら取捨選択する正しい知識不足と共に、生活時間の中で料理の時間が短縮していっている一般のライフスタイルの変化で、大多数の方が健康的な食生活が出来なくなっているのが実情です。

そのような中でよい食事をしようとする方の助けになるように作られたのが、プログリーンズと花粉エキスG63そしてカルマックスです。

プログリーンズの一食8.8g中には、乳酸桿菌属の5種類の菌が35億、ビフィズス菌属の2種類の菌が10億、レンサ球菌属のストレプトコッサス・サーモフィラス菌が5億、全部で8種類の共生菌が総数で50億入っています。

この8種類の菌の組み合わせと菌数は、共生菌のサプリメンテーションの研究を続けてきたパリス・キッド博士の設計によるもので、きわめて効果のあることが確かめられています。

共生菌のサプリメントは、1日10億以下の菌数ではほとんど効果がありません。また1日に100億以上の菌数でも最善の効果は得られず、逆に有害な効果があらわれます。

1日に50億という菌数は一般に最善の効果をもたらす量でプログリーンズは1食分が、ちょうどその量になるように設計されています。
●プログリーンズは<http://www.chiffonya.com/shop/progreens.htm>

一方グラミネックス社の花粉から取り出された内容成分、花粉エキスG63は、植物が次世代の子孫を残すために必要な栄養成分(アミノ酸、ビタミン、ミネラル、補酵素など)がほとんど分解されずに残存しており、これを恒常的に摂取すると、腸内ではこれらを栄養物として腸内フローラ(細菌菌叢)のバランスを整えるのに役立っていると考えられます。
●花粉エキスG63は<http://www.chiffonya.com/shop/pollen.htm>

そして何よりも優先して、胃腸をキレイにするために良い水、カルマックスで作る自家製ミネラルウォーターをお飲みになることをオススメします。
●カルマックスは<http://www.chiffonya.com/shop/calmax.htm>


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050