トップページ><知って得する講座デトックスをするなら、まず「水」からです!

デトックスをするなら、まず「水」からです!

デトックスとは detoxification で「解毒」。欧米からやってきたトリートメント(治療法)の考え方で、体の中の余分なものをまず排出してから摂取しようという考え方です。

本来、人の体に備わっているはずの「不要なものを排泄する働き」が低下し、取り込んだ老廃物や化学物質などが蓄積されてしまうことが、近年明らかになってきています。

食品や水道水などを通じて鉛、アルミニウム、砒素など有害な重金属などが、体内細胞のたんぱく質などとくっついて蓄積してしまうそうです。水銀は脂肪燃焼に必要な酵素を邪魔し、鉛は頭痛、疲労、ストレス、不眠の原因となり、カドミウムは肝臓や腎臓の働きを衰えさせ、砒素は疲労、だるさを引き起こします。他にも毒素蓄積は肌のトラブルや便秘、むくみや冷えのもとになる余分な水分という形で現れてきたりします。

まず体内に溜まっている毒素を出す。不要なものをマイナスする。そうして体内に溜まった不要物を取り除きますと、今度はプラスの力が活性化して効率よく栄養を吸収できるというわけです。

蓄積物を排出するためにはデトックスサプリメントもありますが、あくまでも日常の食事が大切です。

体はすべての物質を水に溶かした水溶液として吸収し、排出しています。言い換えますと、水の状態によっては同じ栄養素でも吸収される場合もあれば、きわめて吸収されにくい場合もあります。排出されるべき毒物にしても、水の状態によっては順調に排出される場合もあれば、排出されにくい場合もあります。

カルマックスはカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど陽イオン(生命維持必須ミネラル)化されていますので、塩素、硫黄、リン、重金属などの陰イオンと結合して排出させます。

水をカルマックス水に変えると健康になれるのはそのためです。

アルカリイオン水は水道水を原水にしていますので、ミネラル量を増やすために乳酸カルシウムを添加し、電解して水酸化カルシウムにすることでアルカリ化させています。アルカリイオン水中のカルシウムのほとんどはコロイダル状以上の大きさ(1万分の1ミリ)で混入しているに過ぎず、体にとって本当に役立つ単分子イオンの状態(700万〜800万分の1ミリ)にまではなっていません。

ごぼうやこんにゃくの食物繊維は余分なミネラルが体内に取り込まれるのを防いでくれ、黄緑色野菜の亜鉛やセレンが肝臓の解毒力を高めてくれるし、玉ねぎ、りんご、にら、にんにくなどは重金属を捕らえて体外に排出してくれます。

毒素を吸着して排出してくれるブラックジンガーをコーヒー代わりに、体をきれいにして食事の質を非常に良くしてくれるプログリーンズを新しい朝食としてお摂り頂くこともお勧めですが、でも、まず、マイナス健康法=デトックスのためには水をカルマックス水にすることではないでしょうか。


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050