トップページ><知って得する講座「味覚」作りは親次第・小泉武夫さんに聞く!

「味覚」作りは親次第・小泉武夫さんに聞く!

食文化の専門家である小泉武夫さんは「食育はまず大人から」と力説する。

食文化研究のため、各地を旅して回っている。現地の学校を訪ね、子供たちの食事風景も努めて見ることにしているが、いつも日本との違いを痛感する。「食事の前に必ず感謝の言葉を唱えるのは日本と一緒ですが、日本の子供たちの「いただきます」は形式的で、心がこもっていませんね」
生産現場と消費者が分断されている日本では気づきづらいが、食べ物は、すべて動物や植物。つまり「生き物」を殺して食べる。「いただきます」には本来、「あなたの命をいただきます」という意味が込められているのだが、日本はどうか。国内の小中学校に授業や講演に招かれ、この話をすると、子供たちは途端に黙り込むという。

「アフリカでは飢饉に苦しむ人が何百万人もいるのに。食料自給率が40%しかない日本では、日々3百万食の残飯が捨てられている。そんな状況で、食べ物を大事にする意識が子供たちに育つと思いますか」

その海外では、きまって和食がほめられる。和食は世界中から注目されているのだ。「まず栄養バランスがいい。カロリーのとり方も理想的。しかも、食材そのものがヘルシーだ」と。「こんな食事は地球上どこを探しても和食だけ。それなのに、当の日本人がどうして食べようとしないのか」と憤り、その原因は子供ではなく親にあるのでは、と見る。

子供は和食の味や魅力を知る前に、油っこくて味の濃い洋食に慣れてしまう。その味覚を作り上げたのは家庭の食事だ。「だから、子供を責めるのは筋違い。悪いのは親。親の問題なのです。まず親が反省しないと」と手厳しい。洋食は、和食より調理が簡単な場合が多い。フライパンで焼きさえすれば食べられる肉に対して、魚を食べるにはウロコを取って、はらわたを取り除き・・・と手間がかかる。だから親が和食を避けたがる理由は、理解できないわけではない。

「それでも」と続ける。「文明は世界中どこでも通用しますが、文化は特定の地域や民族にしか通用しない」。日本人が日本にしかない和食文化を捨ててしまったら、日本という国はのっぺらぼうになる。「もっと国の形、国の顔を大切にしなければ」と訴えるのはこのためだ。

日本人の食事が西洋風に変わったのは、せいぜいここ40年間ほどのこと。日本人には日本人の体に合った食事というものがあるのに、変化のスピードが速すぎるのも気がかりだ。

いま、ぜひ子供に食べさせてほしいものが、4品目あるという。まず、ワカメやヒジキなどの「海藻」。加えて、ニンジンやゴボウといった「根菜」、「魚」、大豆をはじめとする「豆」だ。いずれも、日本人の健康を支えてきた和食の代表選手だが、最近は食わず嫌いのせいか旗色が悪い。あなたの家の食卓には、これらの品目がどのくらい並んでいるだろうか。 ・・・・読売新聞7月16日朝刊「子供の食 見直す」より


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050