トップページ><知って得する講座なぜ水が体に奇跡を起こすのか?

なぜ水が体に奇跡を起こすのか?

はじめてお便りします。プログリーンズをのみはじめて1ヶ月になります。
最近びっくりしたことがありました。私は44才になるのですが、高校生のころから足の裏にたこができて、ひどく、月一度は外科ばさみで切り取る必要があったのですが、気が付いたら足の裏、とくにかかとがつるつるになってきて、たこが全部なくなったわけではないのですが、大分減りました。こんなこと初めてだったのでびっくり。
それから、私はもともと遠視だったので、40才から老眼鏡をかけているのですが、最近眼鏡をかける時間がへったのです。気づいたら、眼鏡をかけないで仕事をしていたということが、何回かありました。プログリーンズのおかげだと思います。静脈瘤の予防にもいいということなので(一日立ち仕事です)続けたいと思います。
この話を主人にしたら、俺も飲むといっていました。カプセルもあると聞いたのですが、扱っていませんでしょうか?これからもよろしくお願いします。カルマックスも続けています。

このご感想を頂きましたお客様には、11月14日にカルマックス500ml、1月24日にカルマックス500mlとプログリーンズ・3点をお買い上げ頂きました。
仰っておられますようにプログリーンズのお陰という側面とそれ以上にカルマックスの所為ではないかと思われる節があります。それは既にカルマックスは3ヶ月以上お使いであることと、2ヶ月10日で500mlを追加しておられるということはカルマックスの使用量が多いからです。

人間、動物の生命組織は、すべての物質を水に溶かした水溶液として吸収し排出しています。したがって飲み水の状態を無視したところで語られる栄養学は、その根本のところで過ちの危険をはらんでいます。言い換えますと、水の状態によっては、同じ栄養素でも吸収される場合もあれば、きわめて吸収されにくい場合もあるのです。排出されるべき毒物にしても、水の状態によっては順調に排出される場合もあれば、きわめて排出されにくい場合もあるのです。

このことはきわめて重要なことです。どんなに栄養豊かな食生活をしても、飲料水の状態が悪ければ栄養失調になりかねない危険があります。非常に状態のよい飲料水を飲んでいるがために、体内の毒素が順調に排出されるなら、さまざまな病気の危険が減少します。あるいは難治性の疾患が改善したり、治癒したりする可能性も高くなるのです。

例えば、たんぱく質はアミノ酸に分解された上でミネラルと結びついたアミノ酸カルシウム、アミノ酸マグネシウム、アミノ酸カリウムの形にならないと吸収されません。脂肪酸も同様で、ミネラルと結合した脂肪酸塩にならないと吸収されません。糖類は単糖類にまで分解されてから、これもミネラルと結びついて始めて吸収され、水中で動きやすくなります。

水分子を小さく安定的に構造化させる核、すなわち単分子イオン化ミネラルを豊富に含んだ水こそが、人間、動物、植物にとって共通の、より理想に近い水であったということなのです。

先日、別のお客様から「胃腸が弱かったのですが、カルマックス水を食前2杯飲むようになって快調になりました」とお電話を頂きました(^^)


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050