トップページ><知って得する講座秋の味覚は秋刀魚の塩焼きに大根おろしで!キマリ♪

秋の味覚は秋刀魚の塩焼きに
大根おろしで!キマリ♪

秋は秋刀魚(さんま)、鯖(さば)、鯊(はぜ)、平目、鰡(ぼら)、鱒(ます)、芝海老、大正海老のおいしい季節です。
今でこそ、欧米の各国で寿司がもてはやされていますが、かつては散々あざけられたものでした。もっともそれは刺身を「生の魚を食う」と訳したのを生きた魚をそのままかぶりつくというイメージに取られた誤解が一因です。しかし寿司が低カロリーで、魚の脂肪が生活習慣病の予防・改善にいいことが周知されてもてているようです(^^)

伝統的な日本食の特徴は米と大豆をコアにして、多種類の野菜と季節の果物を摂り、それに海藻と魚介類が加わって食事を構成されているところにあります。中でも日本食の特異な点は魚を生で食べてきたことでした。

魚の脂肪に多く含まれているのはオメガ3脂肪酸なのですが、魚はプランクトンの含んでいるアルファ・リノレン酸を代謝してその脂肪酸を作り出していて、特にEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)を高率に含んでいます。ですから、魚を食べれば体内で作り出さなくてもEPAやDHAが直接摂れることになるわけです。魚を良く食べてきた日本人にはオメガ3の代謝に必要な酵素が遺伝的に欠落していて、魚を食べないとEPAやDHAが不足するのです。

オメガ3とオメガ6の望ましい摂取比率は1対1〜1対5の範囲と考えられていますが、肉はたまにしか食べないうえに植物油を使うこともあまりなく、魚を良く食べていた伝統的な日本食ですとその比率になります。また、オメガ3の望ましい摂取量は摂取カロリーの2%といわれていますが、ぴったりそのくらいになります。庶民の日常の食のなかに民族の知恵が秘められていたのです。ところが今、日本では魚の消費量が減ってきているようです。

オメガ3を含んでいる魚介類は多い順に、いわしの丸干し、すじこ、本まぐろ脂身(トロ)、さば、いしもち、ぶり、うなぎの蒲焼、まいわし、さんま、身欠きにしん、はも、にしん、あじひらき、さわら、ししゃも国産生干し、にじます、あなご、このしろ(こはだ)、はたはた、新巻き鮭、うに、むつ、ます、ほっけ、ぼら、みなみまぐろ(赤身)、たちうお等です。

秋の味覚は秋刀魚の塩焼き(陽性の酸性食品)に大根おろし(陰性のアルカリ食品)で!キマリ(^^♪


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050