トップページ知って得する講座揺らぐ 長寿王国沖縄

揺らぐ 長寿王国沖縄
長寿王国沖縄が揺らいでいる。2000年の都道府県別平均寿命で女性(86.01歳)は1位を保ったが、男性(77.64歳)は26位と前回(1995年)の5位から大きく後退した。

沖縄の長寿は、独特の食生活にある。(1)全国平均より3割少ない塩分摂取(2)ゴーヤ、沖縄豆腐、だし昆布などの健康食材を豊富に食べる(3)肉の調理は脂質を抜くゆでこぼしが主流−などだ。世界保健機関専門委員で京大名誉教授の家森幸男さんも「脂を捨てて大豆や海藻をたっぷり食べる習慣は、高血圧を防ぐ理想形です」

が、その理想形がどうやら崩れてきたらしい。沖縄が日本へ帰って32年。「豆腐よう(沖縄豆腐を米麹と泡盛で漬けた珍味)一つとっても、今は家庭で漬けるところはまずないし、だし昆布を料理に使う習慣も怪しくなった。食卓の風景は本土とほとんど変わらないと思う」那覇市で伝統的な琉球料理店を営む古波蔵徳子さんは嘆く。

家森さんは沖縄から海外に移住した日系人の、食と長寿の相関関係を調べてきた。結果、ハワイの日系人は日本人の平均寿命を大きく上回り、ブラジルの日系人は短命傾向にあるなどの格差がはっきり現れた。「ハワイ方の塩分摂取は沖縄平均の8gを下回る6g。薄味の蒸し料理が主体で果物を多くとる。比べてブラジル方は肉食中心の濃い味付けに切り替わり、その違いが寿命の違いにつながっていると考えて良いでしょう」

国が次に都道府県別平均寿命をまとめるのは来年。沖縄の結果が気になる。
・・・・・・・・・・読売新聞より転載。


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050