トップページ知って得する講座新鮮なジュースほど、栄養価も高い♪

新鮮なジュースほど、栄養価も高い♪

絞りたてのジュースは栄養価が高いのはもちろんですが、酵素などの「生きた」成分が含まれていますので、天然の抗菌パワーがあります。それに比べて缶入りや瓶入りジュースは、店頭に長い時間保存できるように殺菌処理がされているため酵素が破壊されてしまいます。

その上、ビタミンC源としてはほとんど期待できないものになってしまいます。特に内側をろうでコーティングされた紙パックやポリエチレンの容器入りのものは、オレンジ・ジュースの場合で3週間のうちにビタミンCの75%を失ってしまいます。それだけではありません。ジュースの加工度が高まりますと人工的な添加物の量が増えるということです。

商業的な食品加工のプロセスだけでなく、家庭の調理でも栄養素は失われます。葉野菜は最高87%、ニンジン、じゃが芋、その他の根野菜もビタミンB1の最高31%、B2の45%、ナイアシンの61%、ビタミンCの76%が失われる可能性があります。料理をしなくても、空気に触れているだけで栄養素は失われます。レッドメロンを切ってラップをせずに冷蔵庫に入れておくと、24時間のうちにビタミンCの35%。キュウリをスライスして放っておけば、3時間ほどのうちにビタミンCの41〜49%が消えてなくなるのです。

そこで栄養素と抗菌力を最大限に取り込むためには、絞りたてのジュースを少しでも早く飲むのがベターなのですが、それが無理なら魔法瓶に入れるか、密封容器に入れて冷蔵庫に保管することが大事です。

野菜ジュースを超えるプログリーンズは酵素が生きている「生の食品」です。


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050