トップページ知って得する講座ナチュラルチーズを食べよう♪

ナチュラルチーズを食べよう♪

先日、「加工されたチーズとは、たとえばどういうもの(商品)か教えて下さい。我が家ではピザ用のとろけるチーズをよく食べますが大丈夫ですか?」というお問い合わせを頂きました。

加工されたチーズとは「プロセスチーズ」のことで、ナチュラルチーズを過熱、溶解して固めたものですが、その際に脂肪酸が変質してトランス型脂肪酸という人工脂肪酸になります。ですから、できるだけ摂らないことが望ましいです。マーガリンが植物性のためにヘルシーな食品とイメージされたりするのと同様です。

ナチュラルチーズはワインやイタリヤ料理のブームの影響で消費量が年々増加、農林水産庁によりますと、1984年の3倍、1993年以降プロセスチーズよりも多く消費されています。

ナチュラルチーズはイタリヤのリコッタ、マスカルポーネなどのフレッシュ。フランスのマンステール、エポワスなどの表面を酒や塩水で洗って熟成させるウォッシュ。フランスのカマンベール、ヌーシャテルなどの表面が真っ白なカビに覆われている白カビ。イタリヤのゴルゴンゾーラ、フランスのロックフォールなどの青カビがたんぱく質を分解してアミノ酸を生成する青カビ。フランスのサント・モール、セル・シュール・シェールなどのヤギの乳で作られるシェープール。スイスのエメンタール、ラクレットなど山岳地帯で作 られるハード又はセミハードの六つに大別されます。

ウォッシュチーズの「ピエ・ダングロワ」、カマンベールに似た「モタン・シャランテ」など、生クリームを加えたマイルドでクリーミーなタイプが人気があるそうです。


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050