トップページ知って得する講座《白米》が体をダメにする!

《白米》が体をダメにする!

なぜ白米がいけないのか。
それは白米が酸性食品で、栄養素に欠けた「死んだ食品」だからです。 そして「非常においしい」ということです。玄米ご飯を食べると肉などの動 物性食品は食べたくなくなり、梅干しとか、みそ汁とか、漬物といったもので十分になるそうですが、癖のない白米ご飯は動物性脂肪のたっぷり含まれるおかずと一緒に食べるとさらに美味しくなります。
結果的に、白米ご飯は人々に美食を促し、玄米ご飯は粗食で満足させるとい うことになります。明治時代や戦前・戦後の日本人白米を食べていましたが、それでもガンや糖尿病などの生活習慣病が少なかったのは、おかずが粗食だったからです。

「玄米が良い」というのは、それがビタミンCを補えばそれだけで生命を維持できるところにありますが、玄米を主食にしている人はたったの 0.2%、 20万人しかいません。その事実が、玄米の問題点の大きさを物語っています。


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050