トップページ知って得する講座1日2食のおすすめ

1日2食のおすすめ!

朝食ぬきは体に悪いという常識がありますが、そのために朝食を抜いている人は「とにかく、1分でも長く寝ていたい」「朝食を用意する時間も、食べる時間もおしい」という言い訳をすることになります。

日本人が1日3食になったのは江戸時代になってからだそうで、本格的に朝食重視が叫ばれるようになったのは、昭和30年を過ぎてからのことです。人が日の出で活動をはじめ、日が沈む時に休む生活をしていた時代は1日2食でした。電灯のある世界になってから、深夜まで起きているようになり、当然のことのように、夜遅くに食事をするようになりました。今や、朝食重視が叫ばれた時代とまったく異なる生活環境になった以上、昭和30年代の常識を現代にも通用させるのがおかしいわけで、むしろ江戸時代以前の1日2食にするのが良いのかもしれません。


                         トップページに戻る                   ▲ページの先頭に戻る

サイトマップ商品一覧
ふんわりシフォン日記お客様のご感想集Mrs.KURIの簡単レシピ集ふれあい写真館

FLOURひろ:〒145-0071東京都大田区田園調布1-31-11:tel 03(5755)5050